10
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

日々の事、鴨川シーワールド篇。。。

心の洗濯 in 千葉…と言う事で、この一年使命を果たしてきたご褒美に、念願だった鴨川シーワールドへ連れて行って頂きました

鴨川シーワールド③

鴨川シーワールドと言えば、シャチのショーですよね♡
えぞ紫も、このショーを見るのを何より楽しみにしていました

鴨川シーワールド②

大きな身体での豪快なジャンプに大量の水しぶきが上がり、カッパを着用した観客は大盛り上がり(笑)

鴨川シーワールド①

胸びれや尾びれで、わざと水をかける演出もあったり♪

鴨川シーワールド④

鴨川シーワールド⑤

信頼関係って大切ですよね。。。

鴨川シーワールド⑥

鴨川シーワールド⑦

大きな身体と同じ位の大きな愛情が、トレーナーさんに対して向けられていたのが伝わってきて、超感動的なショーでしたよ

鴨川シーワールド⑧

アシカのショーや…

鴨川シーワールド⑨

鴨川シーワールド⑩

鴨川シーワールド⑬

イルカショーも、めっちゃ楽しかったです~♡

鴨川シーワールド⑭

鴨川シーワールド⑮

ここでは一日、童心に帰って動物達に癒されて来ました♪

続きを読む

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 鴨川シーワールド シャチ

日々の事、成田山新勝寺参拝。。。

心の洗濯 in 千葉…という事で、今度は成田山新勝寺へ行って来ました
成田山新勝寺は、千葉県成田市にある真言宗智山派のお寺で、御本尊は弘法大師空海様が自ら一刀三礼(ひと彫りごとに三度礼拝する)の祈りを込めて敬刻開眼された不動明王です。

成田山新勝寺①

平将門の乱」の際、乱世を鎮める為の平和祈願が行われた事が、成田山新勝寺の起源なのだそう。
この巨大な総門を見ると、調伏させる平将門さんの力が如何に強大だったかが計り知れますね。

成田山新勝寺②

国指定重要文化財の仁王門。
仁王像が阿吽の呼吸で立っていました。

成田山新勝寺③

これまた巨大な大本堂。
ここで、諸祈願が行われて来たのですよね…。

成田山新勝寺④

龍が巻きついて剣を呑み込もうとしている倶梨伽羅剣と大錫杖。 
錫杖は、御釈迦様が発明したと伝えられているとか。

成田山新勝寺⑤

撫でると痛い所が治ると言われている、石摺り不動尊。
えぞ紫も、しっかり撫でて来ましたよ♪

成田山新勝寺⑥

1701年建立の鐘楼。 
重量1068kgの梵鐘は、人間国宝の香取正彦氏鋳造によるものだそう。

成田山新勝寺⑦

成田山新勝寺⑧

一切経堂の内部。
精巧な造りで、とても綺麗でした

成田山新勝寺⑨

世界平和を願って建立された聖徳太子堂。

成田山新勝寺⑩

人法繁昌の為の聖天堂。

成田山新勝寺⑪

平将門さんと共に、日本三大怨念の一つと言われている菅原道真さんの天満宮もお祀りされていました。

成田山新勝寺⑫

奉納された額や絵馬を飾る為の額堂。

成田山新勝寺⑬

開山堂。
成田山の家紋は「葉ボタン」なんですって。

成田山新勝寺⑭

1701年建立、国指定重要文化財の光明堂。
内部を自由に見学できます。

成田山新勝寺⑮

成田山公園の噴水前から見た、平和大塔。
平和大塔も、内部を自由に見学できます。

成田山新勝寺⑯

想像以上に広大な敷地の成田山、ボランティアガイドさんにお願いして境内や公園内を案内して頂きました。

成田山新勝寺⑰

それでも全てを巡り切れず、見逃した所も沢山あったのが心残り…。
いつか再訪出来たら嬉しいですね。

成田山新勝寺⑱

平将門さん信者は、いまだに成田山新勝寺を敵とみなしお参りしないそうですが、そんな考えも各々自由だと思いました。
相手の価値観をどうこうしようとするから、戦いが起きるのですから(笑)
昔と比べて柔軟な現代です、嫌なものは嫌でいいじゃないですかね^^
そんな中からでも、何か得るものがあって己の肥やしとなれば良いのだと、実際にお参りさせて頂いた空気から、そう感じました。
でもね、拘りに縛られているのは今世を生きている衆生だけで、彼方の世の方々には、怨念も拘りも何も残っていない様ですよ(笑)
先祖の仇とか、恨みとか、無念とか言いますが、それは諸々を先祖(誰か)のせいにしているだけで、根本は自分の問題だけなのです。
そんな思い込みは手放したほうが、ストレスフリーで楽しく暮らせると思いますがね~。

成田山新勝寺・海老屋

成田山と言えば「うなぎ」が名物…と聞いていたので、勿論、頂いて来ましたよ♡
とっても美味しかった~
成田山新勝寺、空海様、将門さん、諸神様仏様、呼んでくれてありがとうございました~


明日へ、つ・づ・く

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 千葉県 成田山新勝寺 真言宗智山派 弘法大師空海 不動明王 平将門 菅原道真

日々の事、稲毛・浅間神社参拝篇。。。

横浜市「浅間神社」に続いて訪れたのは、千葉市稲毛区の「浅間(せんげん)神社」です

稲毛「浅間神社」①

主祭神は木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、瓊々杵命(ににぎのみこと)と猿田彦命(さるたひこのみこと)を共に祀っています。
瓊々杵命(ににぎのみこと)は、木花咲耶姫の旦那様ですね♡

稲毛「浅間神社」②

神社に到着したのが既に夕刻だったので、暗くなる前に、各神社を大急ぎで参拝させて頂きました。

稲毛「浅間神社」③

本社殿は、東京湾の向こうの富士山を正面に望むように建立されているとの事。
ここも、源頼朝さんが戦勝祈願をしていた神社なんですって。
そして、2年前に呼ばれて廻った平将門さんの叔父である地元の豪族・千葉氏の信心が厚かった神社なのだそう
どうりでね、呼ばれる訳ですわー^^;(笑)

稲毛「浅間神社」・八坂神社

こちらは末社の八坂神社で、病気退散の神・須佐之男命(すさのおのみこと)が祀られています。
須佐之男さんは、血的に濃いんですよね~。

稲毛「浅間神社」・稲荷神社

お馴染みの稲荷神社。
祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、商売繁昌・財運の神・家運隆昌・稲運の神様です。

稲毛「浅間神社」・三峰神社

三峰神社は、伊耶那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が祀られています。

稲毛「浅間神社」・厳島神社

平家の故郷・厳島神社もありました。

稲毛「浅間神社」・厳島神社

祭神は、芸能の神・福の神・水の神・商売繁昌の神である市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。
厳島神社を造ったのは平清盛。
平将門さんと同じ平家で、将門さんの方が清盛さんよりずっと古い時代に生きていたのですが、血筋的に因縁があって、親戚関係は宜しくなかった様ですね。
一族と言えども、それぞれ価値観は違う…という事です。

稲毛「浅間神社」④

戦没者慰霊碑もありました。
時間切れで、広大な境内を回り切れず、残念ながら他の末社はお参りする事が出来ませんでした。
でも、呼ばれた神様にはご挨拶出来たので、お役は果たせたかな…と思っています。

心の洗濯旅行記は、明日もつ・づ・く

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 千葉市稲毛区 浅間神社 木花咲耶姫 八坂神社 素戔嗚尊 稲荷神社 三峰神社 厳島神社 戦没者慰霊碑

日々の事、横浜・浅間神社参拝篇。。。

最近の日々の事
毎年恒例の、秋の心の洗濯♡旅行へ行って来ました~

横浜・浅間神社⑦

今年の旅行のテーマは、新年早々ピピピ♪ときていた「木花咲耶姫」が祭神の神社訪問♪
…という事で、まずは横浜市西区にある、「浅間(せんげん)神社」を目指してみました

横浜・浅間神社①

横穴古墳が密集する「袖すり山」と呼ばれる丘の上に立っているだけあって、大都会の喧騒の中にあっても、ここだけ空気感が違う様に感じました。
本当に富士山につながっていても、不思議ではない感覚でしたね。

横浜・浅間神社②

境内社の小嶽社。
これは、山岳信仰の聖地である小御岳山の山頂(富士山五合目)にある「冨士山小御岳神社」でしょうか?

横浜・浅間神社③

富士山の五合目周辺は「天狗の庭」と呼ばれ、天狗が支配していたという言い伝えがあるそうですが、横浜の「小嶽社」にも可愛い天狗様がいらっしゃいましたですよ♡

横浜・浅間神社④

そして、お稲荷様と…

横浜・浅間神社⑥

招魂社。
招魂社とは、幕末、明治維新の激動期に死んだ多数の犠牲者を慰霊する意味で明治新政府が設立した神社の事だそうです。
明治維新と聞けば歴史上の遠い昔の出来事と、他人事として受け止める方が殆どかもしれませんが、私達のご先祖様は、多かれ少なかれ、そんな時代の波に翻弄され、必死の思いで生き抜いて未来を創って来たのです。

横浜・浅間神社⑤

そんなご先祖様の無念や怒りや苦しみを受け止め、命を繋いでくれた事に感謝し、幸せな未来創造の為に過去の拘りを手放す事が、今を生きる私達に求められている事なのかもしれませんね。
だって、過去に囚われているのは、彼方の世界にいるご先祖様なのではなく、今世を生きている私達自身なのですから。
そして、今回の旅で何より驚いたのは、ここ「浅間神社」が源頼朝によって創祀されたと言う事実
今年は、「木花咲耶姫」に呼ばれているのと同時に、実は「清和源氏」にも呼ばれていたんですよね~(笑)


明日もつ・づ・く

続きを読む

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 横浜市 浅間神社 旧東海道 富士山 木花咲耶姫 冨士山小御岳神社 天狗 招魂社 源頼朝

日々の事。。。

最近の日々の事

松前・浅間神社

ピピピ♪とアンテナが振れて、松前郡松前町にある浅間神社へ行って来ました
祭神は「木花佐久夜毘賣大神(このはなさくやひめのおおかみ)」で、主に富士山を神体山として崇める信仰の神社だそうです。

松前・浅間神社

ネットで調べてみると、浅間神社は全国に数か所ありますが、北海道ではここ松前町の一か所だけになっていました。

松前・浅間神社

本殿には、ウミウの彫刻が@@ゞ
あー、やっぱりね‥と納得し、この秋、直感に従い、ご縁に導かれる旅をする事になりました^^

北海道新幹線

松前町へ行く途中に立ち寄った知内町で、偶然、北海道新幹線に遭遇しました♪
新幹線に乗って、また東北へ旅をしたいなぁ。。。

札幌テレビ塔

今月は、札幌へ行って‥

ニセコ・ミルク工房

その帰りしな、ニセコのミルク工房へ寄って‥

函館山の夜景

函館山へ登って、夜景を見て来ました♡
直感に導かれるがままに‥

以下、今月の読書本。

「きものに強くなる」

家庭画報特選 「きものに強くなる」 世界文化社発行。
忙しさが一段落ついたら、着付教室に通う予定です

「抱きしめて看取る理由」 著:荒川龍

「抱きしめて看取る理由」 荒川龍:著
どう生きるか、どう死ぬか‥選ぶのは個人の自由意思なのです。

2017年9月のお墓参り♪

早10月‥。

2017年9月の写経♪

短い北海道の秋を、余す所なく楽しむ予定のえぞ紫なのです

続きを読む

テーマ : 日常の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 北海道新幹線 松前・浅間神社 木花佐久夜毘賣大神 ウミウ 札幌オータムフェスト 札幌テレビ塔 ニセコ・ミルク工房 東山 函館山 夜景

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴12年目に突入!ですがー、専門家ではないので、基本、何事もアバウトなままです^^
あらゆる自然と対話しつつも、行き当たりばったりに撮った写真で自己満足の世界を創造し楽しんでいます^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物です。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままの上で相談に応じます^^)
 ♡  ♡  ♡
このサイトは第一次アセンションを体験した夢見る乙女な管理人の愛とプラス思考で運営しておりますので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード