FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

海向山登山。。。

先日、恵山と対峙してそびえ立つ海向山を歩いて来ました

海向山登山①

今シーズンはお天気に恵まれず、毎度お馴染みの海向山登山もこの日が今期初めてになります。
スタート地点の気圧は981hpaと少し低めですが、気持ちの良い秋晴れの下、いざ、レッツ・ら・ゴーです

海向山登山②

歩き始めてすぐに、「右周りコース」と「左周りコース」の分岐点に到着。
今回は「左周りコース」を選択です。

海向山登山③

海向山には、登山道以外にも大勢の人に踏まれて出来た、あってはならない‘道’が沢山あります。
去年、そんな‘道’に逸れて迷ってしまったえぞ紫、今年は間違いの無い様に‥と気を付けながら歩きます。
でも、ハッキリ言って、ココの登山道は迷いやすいです

海向山登山④

道迷いに注意しつつ、程良いアップダウンを楽しみながら、山頂手前の最後の急登を踏ん張って上がります。

海向山登山⑤

視界が開けるその場所からは、活火山・恵山がかっちょ良く見えるんですよね~
その恵山に背を向け歩く事数分‥

海向山登山⑩

標高570mの海向山山頂に到着で~す
気圧952hpa、標高差200m、ここまでの所要時間は約55分でした。

海向山登山⑥

秋の澄んだ空気のお陰で、山頂からは駒ケ岳や横津岳方面の山並みが、久々に綺麗にハッキリと見る事が出来ました
山頂で一息ついた後、456峰経由で下山です。

海向山登山⑦

456峰からは、津軽海峡とその向こうの下北半島を望みます
来年こそは、この海を渡って本州の山へ。。。

海向山登山⑧

海向山では、時々こんな黒曜石を見る事があります。
函館市東部では、縄文時代の遺跡・化石等が数多く発掘されているので有名です。
昔の人々は、この石で矢じり等を造り、猟をしていたんですよね

海向山登山⑨

古代浪漫と自然の神々の存在に思いを馳せながら歩く事約55分、車を止めてある登山道入り口に到着です。
これからの季節、恵山では燃える様な真っ赤な紅葉が楽しめますね



続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 海向山 恵山 登山

今金町・丸山登山。。。

先日、久々に登山を楽しんで来ました。
行った場所は、今金町・奥美河にあるえぞ紫お気に入りの丸山

今金町・丸山登山①

この日の天気は晴れ
登山道入り口地点の気圧は987hpa。
真夏を思わせる陽気と、秋を感じさせる風を浴びながら、高度220mからのスタートです

今金町・丸山登山②

天気がぐずつき湿った日が多かった今年は、キノコ類が大豊作なのかもしれませんキノコ

今金町・丸山登山③

登山道の至る所にこんなんや‥

今金町・丸山登山④

こんなんが、ポコポコ生えていました。
‥でも、食べられるのだろうか‥(笑)

今金町・丸山登山⑤

反面、紅葉の方は余り期待できそうもありませんね
彩付く前に無残に枯れている葉っぱの何と多いことか‥。
お空に見えるはウロコ雲‥天気が崩れるサインだったのでしょうか。
流石にこの時期になると昆虫の姿も余り見られず、今回は残念ながらヘビさん達との出会いも無く、淡々と歩く事約50分‥

今金町・丸山登山⑥

山頂に到着で~す
山頂の気圧は936hpa。
スタート地点からの標高差は約450m。
新調した高度計の使い方がまだ良く分かっていないえぞ紫、高度に微妙~な誤差が生じてしまうのですが、ま、細かい事は気にしないでおきましょう^^;

今金町・丸山登山⑦

山頂から二セコ方面を望みます。
お天気は良いみたいですが、手前の雲が邪魔で羊蹄山が見えません
紅葉が見頃を迎える頃に二セコ方面の何処かの山へ行きたいなぁ‥と希望を胸に雲の向こうを眺めつつ‥

今金町・丸山登山⑧

ランチタイムです
この日は、尾西食品さんの山菜おこわと水筒にお味噌汁を持参でした
いや~~、美味しかった~~
と、お腹が満足した所で、下山開始です。

今金町・丸山登山⑨

下り時には、登山道上に動物の物と思われる嘔吐物を発見してしまいました
おえっ、気持ちワルッ
でも、こういう物から、この山に暮らす動物達の食性等が分かるので、これもしっかりチェックです
‥。
‥えーと、数十匹の未消化のカタツムリオンリー‥です、ね‥ハイ
カタツムリを食べる動物って‥何だろ?
ヒグマさん?
キツネさんかタヌキさん??
新聞等の報道によれば今年の道南の秋は‘不作’だそうなので、これから冬ごもりの準備をする動物達はきっと大変でしょうね‥。



続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 今金町 美利河 丸山 登山

羊蹄山登山(喜茂別コース)。。。

先日、今年2度目の羊蹄山登山に行って来ました

羊蹄山(喜茂別コース)登山①

午前3時に起床し、二セコに着いたのが7時少し前。
今日こそは青空を拝みながらの登山がしたいと期待していたのですが、あぁ無情
羊蹄山にはご覧の様に雲がかかっていました。
‥。
‥またかよぉ

羊蹄山(喜茂別コース)登山②

お天気相手にゴネても仕方ありません。
気を取り直し、喜茂別コースを、いざ、レッツ・ら・ゴーです

羊蹄山(喜茂別コース)登山③

歩き始めは、登山道と工事用?車道とが交差・平行したりの緩やかな道を進みます。

羊蹄山(喜茂別コース)登山④

喜茂別コースは、他の3コース(比羅夫真狩京極)の中では1番直線的で急登が多いと言う事なので、「来るなら来い!臨む所だ!!」と戦闘意欲を燃やしつつ気を引き締めます。

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑤

で、いきなりの急登です(笑)
いや~ん
子供の頃、ターザンごっこが大好きだったえぞ紫、コレ位はロープを使ってお茶の子さいさい昼飯前です

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑥

こんな調子で、緩急を繰り返しながら順調に高度を上げて行きます。
この日は新調したばかりの高度・気圧計測機能付腕時計をしていたえぞ紫、歩いた時間、高度、標高差、気圧等を確認しながらゆっくりペースでの登山です。
(喜茂別コースは合目標識が無いのです!)
また、同じく新調したばかりの「ホルミシス効果」があると言うネックレスを身に付けていて、そのお陰か否かは断言出来ませんが、特別疲れを感じる事なくスムーズに歩く事が出来ました。

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑦

が、午前10時頃、標高1370m付近で猛烈な空腹感に襲われてしまいました。
腹が減っては戦は出来ぬ♪なので、ここで早弁です(笑)
この日は、ジンギスカン弁当を持参でしたがはは。

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑧

お腹を満たしてパワーも復活、時折雲の切れ間から見える下界を見下ろしながら後半戦に臨みます

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑨

標高1500mも過ぎると直線的で単調だった道に変化が現われ、こうした大きな岩が目立つ様になってきます。

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑩

そして、何度かターザンごっこを繰り返します(笑)

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑪

標高1700mも過ぎると、目指す山頂がはっきりと見えてきます。
ここからは、山頂標識やその周りにいる人影が肉眼で確認出来るんですよね

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑫

午前11時、やっと九合目に到着です

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑬

九合目過ぎのガレ場は道を間違えやすいので注意が必要ですね
実際、一瞬ですが登山道を逸れてしまいましたよ
後は、浮石や崩落に注意しながら慎重に歩いて‥

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑭

山頂に到着で~~す
上りの所要時間は、4時間ジャストでした。
今年はこれが最後の羊蹄山登山、お天気が良ければ外輪山巡りをしようと思っていたのですが、時折強風が吹き霧も出ていたので、山頂で一息付いた後そのまま下山する事にしました。

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑮

直線的で急登な喜茂別コース、案の定、下りはズリ~ズリ~と滑り落ちる様に直線的に急降下です(笑)
あー、下りは苦手だーー
と、登り時には見えなかった尻別岳が綺麗に見えていました。
‥今年は、まだ行っていないや‥(笑)
今後の登山予定や来年の登山計画等をあれやこれやと考えながら下る事2時間25分‥

羊蹄山(喜茂別コース)登山⑯

無事、登山道入り口に到着で~す
羊蹄山、今年も素敵な想い出をありがとう~。
来年もまた、必ず来るからね~~!!とコーラで祝杯を上げたえぞ紫なのでした~げぷぅ~(笑)




続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羊蹄山 喜茂別 京極 比羅夫 真狩

狩場山登山。。。

先日、年に1度の恒例登山となった狩場山登山へ行って来ました。

狩場山登山①

登山口に向かう林道で1匹の仔ギツネちゃんがお見送りしてくれました。
今年の異常気象の影響でしょうか、非常に毛艶が悪く、一見して健康状態が良くない事が判ります。
異常気象は山の生態系にストレートに悪影響を与えます。
こういう年は、ヒグマさんとの遭遇に注意が必要なのよね~等と思っていたら、何と!本当に仔グマちゃんに遭遇してしまいましたよ(←証拠写真が無いのが残念^^;)
生まれて初めて見た野生の仔グマちゃん‥か、可愛い~
いえいえ、そんな呑気な事を言っている場合ではありません
仔グマの近くには必ず親グマがいます。
一般的にはヒグマを目撃したら引き返すのが常識でえぞ紫もそれはガッテン承知の助♪だったのですが、どうした訳か、えぞ紫の足はアクセルを踏みっぱなし(笑)

狩場山登山②

そうこうしている内に、登山道入り口に到着です。
ちょっぴり迷いましたが、えぞ紫が遭遇したのは人間の姿を見るとすぐに逃げてくれるお行儀の良い仔グマちゃんだったし、ここはヒグマがいて当たり前の場所だし‥ま、行けるトコまで‥と言う結論に(笑)

狩場山登山③

今年の狩場山は、微妙に雲が多いものの気温は高めで無風、夏の青空が広がる安定したお天気でした。
今年こそは山頂でラーメンが食べられるとルンルンして歩いていると‥

狩場山登山④

登山道上の至る所にヒグマさんの糞が落ちていました。
過去2度の登山では見られなかった光景です。
‥。
ちょっとヤバイかも‥ドキドキ

狩場山登山⑤

登山前の準備では、ラーメンの事にばかり気を取られてコンデジのバッテリーを充電し忘れてしまいました。
電池切れ寸前で電池マークがパコパコ点滅、写真を撮るのもままならず‥ドキドキ

狩場山登山⑦

今回の登山では、新たに購入したプラティパスのインシュレーターを試用。
これは中々の優れモノですよ
新しい道具にドキドキ‥で、南狩場通過~。

狩場山登山⑥

最後の稜線から見るお花畑は最高に綺麗でドキドキ~
さすが自然豊かな狩場山。
でも、霧がモクモクと‥。
狩場山の龍神様は、なかなか気難しいお方の様ですよ(笑)

狩場山登山⑧

そんな中、親沼を通過~。
ここら辺のぬかるみにも、ヒグマさんの足跡がいっぱい残っていて‥ドキドキ

狩場山登山⑨

色んなドキドキを体験しながら子沼も通過し‥

狩場山登山⑩

無事、山頂に到着しました~
上りの所要時間は、約2時間15分でした。
因みに、今回は、狩場山用に新調したクマ鈴をダブル装着です
で、昼食のラーメンなんですが、食べ物の臭いでヒグマさんが寄って来たりでもしたらマズイ事になるので山頂での食事は中止し、車に戻ってから食べる事にしました。

狩場山登山⑪

ヒグマさんの気配に注意し、行動食と水で空腹を紛らわしながら歩く事約1時間半後、無事駐車場に帰還。
で、即行ランチタイムです
今回のメニューは、韓国ラーメンと中華丼とカテキン・コーラでした~まんぷくぅ~(笑)



続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

tag : 狩場山

旭岳の沼巡り・花巡り。。。

今日は、旭岳ロープウエイ姿見駅周辺の池巡りと、そこに咲いていたお花達の写真をお送りします

旭岳・チングルマ&エゾノツガザクラ

例年でも7月いっぱいは残雪があると言う大雪の山々ですが、今年は例年よりも残雪の量が多いそうで、姿見の池付近ではチングルマ等お花畑の見栄えはちょっと残念かも‥と登山前にお話を伺ったガイドの方がおっしゃっていまいた。
そう言われて目にしたお花畑ですが、そこはえぞ紫が今迄に見た事がない規模の大きい高山植物の楽園で、その美しさに感動しまくりでした

旭岳・満月沼

本当にお天気が残念でしたが、逆にそのお陰で人出が余り多くなく、ゆったりと高山植物等を観察し写真を撮りながら池巡りをする事が出来ました。

旭岳・すり鉢池

野鳥や昆虫等との出会いも期待していたのですが、このお天気だったので、姿を見る事は出来ても写真を撮るには至りませんでした。

旭岳・姿見の池①

秘かに、氷河期の生き残りと言われているウスバキチョウを狙ってたんですけど、そんな簡単に会えるほど甘くはないみたいですね(笑)

旭岳・姿見の池②

今回、残念無念で終わった事柄は、次回のお楽しみとして心の中に温存しておこうと思っています。
登山人生、まだまだ先は長いのです
でも、余裕があって叶うなら、旭岳へは、いつか紅葉の時期に、純粋に観光目的だけで来たいわ‥な~んて思っちゃいましたね。
追記  紅葉観光へ行く事にほぼ決定~^^)ルン♪

旭岳・地獄谷①

硫黄の臭いがかぐわしい「地獄谷」では、山のエネルギーを感じる事が出来ました。
えぞ紫は、こういう場所が大好きなんですよね

旭岳・地獄谷②

この山は将来、我慢に我慢を重ね、溜まりに溜まったエネルギーをドッカーーン!と大放出!!なんて日が来るのでしょうか?
大雪山の神様が怒ったら、かなりコワイ事になるでしょうね


続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

tag : 大雪山 旭岳 満月沼 すり鉢池 姿見の池 チングルマ ハクサンボウフウ ミヤマイ ウラジロナナカマド イソツツジ

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴15年目に突入しました!移ろいゆく自然と対話し、情報交換しながら写真を撮らせて頂いています^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物であり、管理人には肖像権があります。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままで相談に応じます。)
※撮影地等の詳細については如何なる場合も一切お教えしませんので、悪しからずご了承下さい。
 ♡  ♡  ♡
2018年8月吉日に第三次アセンションを体験した夢見る管理人が、愛とプラス思考と良い加減で運営しているブログですので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード