04
   

恵山登山。。。

2010年最初の登山は、毎度お馴染みの恵山です。

恵山登山①

何故、毎年最初の登山が恵山になるかと申しますと、この時期に無積雪状態で歩ける道南の山が他に思い当たらないからなのです(笑)
それでも、今冬の降雪量の多さを考慮し、歩きたくてウズウズ疼く気持ちを鎮め、4月下旬迄待っての登山でした。

恵山登山②

当日のお天気はご覧の様な快晴でしたが若干風が強く、それも猛烈に冷たい風で、少しでも動く事を止めると体温を急激に奪っていきます。
それなりに重ね着をしたつもりでしたがそれで全く事足りなく、その上グローブを忘れてしまった為に手がかじかんで仕方ありませんでした
ただでさえ冷え性の寒がりなのに‥
歩き慣れた山でも、ちょっとした油断が命取りになる‥それを実感し反省です
そんな異常な寒さと戦いながら黙々と歩く事45分‥

恵山登山③

山頂に到着で~す
この時の山頂の気圧は949hpa、(スタート地点)からの標高差は300mでした。
(って、↑あっているのかイマイチ自信無し^^;)

恵山登山④

寒さに打ちのめされながらも、久々に見る山頂からの雄大な景色を堪能です
手前にある海向山もすっかり雪が解けたみたいですね。
スミレちゃん達お花が咲く頃を見計らって、歩きに行ってみようかな♪

恵山登山⑤

こちらは羊蹄山方向ですが、雲が多くて何も見えませんでした。

恵山登山⑥

津軽海峡の向こう側、青森さんは良~く見えましたよ
あー、行きたいなぁ。。。

恵山登山・ガンコウラン

今春の異常な迄の低温の影響でしょうか、ガンコウランの殆どが休眠中でした。
日当たりの良さ気な場所に生えている一部だけ、かろうじて緑化し始めている程度。
イソツツジもまだまだですね。
それにしても、やはり山歩きは気持ちが良い
青空のもと自然の中を歩いていると、細胞がプチプチと音を立てて活性化し元気がモリモリと湧いてきます。

恵山登山・薬師堂

自分には山歩きが向いているんだなぁ‥と、そんな事を思いながら約50分で下山終了です。
と!
の手前に薬師堂なる物がありました!
って、何年も何度も此処へ来ているのに、今回初めてこの存在に気が付いたえぞ紫^^;
薬師堂が何なのかよく分かりませんが、取りあえず拝んでおきました
ご利益があるといいな




テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 恵山 海向山 登山

ハクセキレイ。。。

「カモメ」に引き続き、blogramのランキング・アップ作戦第2弾は「セキレイ」です
と言う事で、えぞ紫の自宅近くの海岸でハクセキレイさんに「おはこんにちは~♪」(笑)

ハクセキレイ①

と、挨拶しながら忍び寄りシャッターを切るへんてこ人間に、ハクセキレイさんは小首を右に傾げて「ん?」(笑)

ハクセキレイ②

今度は、左に傾げて「ん??」(笑)

ハクセキレイ③

「な~んだ、ただの人間かー」と、興味なさ気に海を見て黄昏るハクセキレイさん。

ハクセキレイ④

4枚目の写真は、渡り鳥との出会いを求めて函館市東部の海へ行った時、その海岸で撮ったハクセキレイさんです。
このハクセキレイさんの胸のエプロン、大きくて立派ですよね
心なしかエラそーに見えちゃいます(笑)
ハクセキレイさんを観察する時は、エプロンの形の違いを見るのが面白いです。
次は、どんなエプロンさんに出会えるか楽しみですね




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ハクセキレイ

カモメ。。。

えぞ紫のトホホ♪コースの1つになっている自宅近所の海では、当たり前の様に、ごく普通にカモメさん達が見られます。

オオセグロカモメ①

例えありふれた種類の野鳥であっても、それが目の前にいればつい撮りたくなってしまう習性のえぞ紫
今回は、若者から大人へ脱皮中のオオセグロカモメ(カモメ科の留鳥)さんをパシャリです

オオセグロカモメ②

ちゅーか、ぶっちゃけblogramのランキング対策です(笑)
どれだけ「カモメ」を連呼すればランキングが上昇するのかを試し、ついでに姑息な手段でポイントをGETしよう~♪なえぞ紫なのですヾ(≧▽≦)ノ☆

オオセグロカモメ③

いや~ん、ヒトデなし~~?(笑)
オオセグロカモメさんは、ヒトデも食べるのですね

シロカモメ①

こちらは、クールなシロカモメ(カモメ科の冬鳥)さん。
キリリな目元口元が凛々しいです

シロカモメ③

冬鳥であるシロカモメさんですが、まだ色んな地域の海岸で目にする事があります。
留鳥化した個体なのか、或いは、移動途中の個体にたまたま出会っただけなのか、果てさて‥。

シロカモメ②

このシロ若さんは、何かニョロッとしたお魚の様なモノを咥えておりました。
カモメさん達は魚介類や動物の死骸等を食べるので、海岸の清掃に一役買っているのかもしれませんね
さて、これでランキングが上がったかな?(笑)



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : オオセグロカモメ シロカモメ

エゾリス。。。

いつもの森で、ネコヤナギの綿毛ちゃんを食べているエゾリスさんに遭遇です

エゾリス①

前回エゾリスさんに遭遇したのは2月下旬。
その時と比べて見ると被毛もすっかり夏毛に生え変わり、体型もほっそり♪すっきり♪して見えました

エゾリス②

撮影時にはつがいと思われる2匹のエゾリスさんがいたのですが、1匹は樹上高く逃げられ(←多分オス)、警戒心よりも食欲が旺盛だったもう1匹の方(←多分メス)をパシャリです。

エゾリス③

このエゾリスさん、お腹を良く見るとおっぱいが目立っています。
もしかしたら、赤ちゃんを産んだばかりなのかもしれません。
赤ちゃんの為におっぱいを沢山出さなくてはならない、だから食欲もモリモリ☆旺盛なのかもしれませんね。

エゾリス④

それにしても、凄い体勢で凄い食べっぷりです‥(笑)

エゾリス⑤

エゾリスさんの赤ちゃんは見た事はありますが、まだ1度も撮影に成功した事がありません。
今春の天候不良等による子育てへの影響が懸念される所ですが、逆に、こういう時の方がチャンスに恵まれたりするものです。
もしかしたら今年こそは‥と期待が膨らむえぞ紫なのでした




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : エゾリス

オオジュリン。。。

オオジュリン‥ホオジロ科の夏鳥です。

オオジュリン①

大きさは16cm程。
写真のオオジュリンはメスで、頭部や体の上面は茶褐色、下面は淡褐色で灰褐色の不明瞭な縦縞が入っています。

オオジュリン②

背面には灰褐色と黒色の縦縞が入っており、ソックリさんが多いホオジロ科のメスの中で種類を特定するポイントになりますね

オオジュリン③

顔には白い眉斑とほお線が入っています。
因みに、オオジュリンのオスは頭部と顔が黒色で、白いほお線は入っていますが眉斑は持っていません。

オオジュリン④

撮影場所は、いつもの田園。
今回は、残念ながらオスが撮れなかったのと、不鮮明なトリミング写真になってしまったので、次はもっと綺麗な写真でお届け出来る様頑張りたいですね
ォォジュリ~~~(←樹木希林調で^^)
あ痛っヽ(__ __ヽ)コケッ!!



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : オオジュリン

カワラヒワ。。。

今年は、カワラヒワさんの姿を良く目にします

カワラヒワ①

1枚目の写真は、3月下旬に自宅近くの小公園で‥

カワラヒワ②

2枚目以降は4月中旬に、自宅近くの田園での撮影になります。
田園にいても、川原ヒワ♪なんちって?(笑)
‥あ痛
最近、ボキャブラリーの乏しさが身に沁みるえぞ紫です‥。

カワラヒワ③

4月も、残す所あと1週間となりました。
そして世間は黄金週間に突入です
でも、毎日寒いです!
桜もまだ咲いていません!!
残雪が多くて登山できる山も殆どありません!!!
そんな中、えぞ紫は何処で何をして過ごしたら良いのでしょうか‥
取り敢えず、野鳥撮影に行ってきます(笑)




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : カワラヒワ

イソシギ。。。

イソシギ‥シギ科の夏鳥です。

イソシギ①

大きさは20cm程で、雌雄同色です。
頭から体上面は灰黒褐色で、胸の脇は灰褐色、体下面は白色をしています。

イソシギ②

目の上に白い眉斑が入っているのと、腹部の白色が翼の付け根まで食い込んでいるのが特徴です

イソシギ③

撮影場所はえぞ紫の自宅近くの海岸で、5~6羽前後小群で行動していました。

イソシギ④

イソシギさんとハクセキレイ(セキレイ科の夏鳥)さんのツーショット~~
すぐ近くにはコチドリ(チドリ科の夏鳥)さんもいたのですが、残念ながら一緒に写っては頂けませんでした(笑)
4月下旬になっても天気予報から雪マークが消えないお寒い北海道ですが、チドリ科に続いて、シギ科の野鳥も見られる様になってきました。
さて、次はどんなサマーな野鳥達に会えるのか、乞うご期待です




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : イソシギ ハクセキレイ コチドリ

キジバト

ノビタキさんとの遭遇に前後して、キジバト(ハト科の夏鳥)さんとも遭遇です

キジバト①

えぞ紫の自宅近くでは、春になるとキジバトさんの不気味な鳴き声による合唱が聞こえてきます。
不気味なんですけど、それが春の風物詩でもあるのです。
でも、毎度の事ながら、声はすれども姿は見えず。
何処に居るのかな~?と探していると‥

キジバト②

こんな所におりました~(笑)
地面に降りて、ハト歩きしながら採餌のキジバトさん♪

キジバト③

今度はつがいで仲良くハト歩きです。
何でハトって、歩く時に首が前後に動くんでしょうね?
目薬を入れるのに目を大きく見開くと、つい口も一緒に開けてしまうのと同じ理屈なのでしょうか(笑)
そんな事はさて置き、人馴れしているドバトさんと違って以外と警戒心が強いキジバトさん、今回の撮影も残念ながら接近戦に持ち込めませんでした。
今度は、トリミング無しでも見られる写真を撮りたいですね



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : キジバト ドバト

ノビタキ。。。

ノビタキ‥ツグミ科の夏鳥です。

ノビタキ①

大きさは13cm程。
オスの夏羽は、顔から頭部と背中・翼・尾が黒く、首とお腹は白色をしており、翼には目立つ白斑があります。
正面からの写真が撮れなかったので分かり難いですが、胸はオレンジ色をしています。

ノビタキ②

メスは、全体的に淡褐色で翼と尾が黒褐色をしていて、頭から背中にかけて黒縦斑があります。
残念ながらこの日はメスの写真が撮れなかったので、またチャンスがあれば狙ってみたいですね

ノビタキ③

撮影場所はえぞ紫の自宅近くの田園で、ノビタキさんを撮影する事が出来たのはこれが初めてになります。
‥ふむ?
もしかして、この地域は夏鳥の渡りのルートになっていて、野鳥観察&撮影の絶好のポイントなのかもしれません。
撮影には至っていませんが、結構な種類の野鳥に出会っちゃうんですよね
俄然ヤル気が湧いてきて、つい鼻息が荒くなってしまうえぞ紫なのでした(笑)




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ノビタキ

コチドリ。。。

コチドリ‥チドリ科の夏鳥(一部留鳥)です。

コチドリ①

大きさは16cm程で、チドリ科の仲間の中では最小です。
雌雄は同色で、体は上面が灰褐色、下面が白色で、嘴と首、顔の一部が黒色になっています。

コチドリ②

黄色いアイリングが特徴的なコチドリさん、思わず吹き出してしまいそうな、何とも言えない愛嬌のある顔をしていますよね(笑)
実はえぞ紫は、コチドリさんが大のお気に入りなのです

コチドリ③

撮影場所はえぞ紫の自宅近くの海岸で、チドリ科の仲間を撮影したのはこれが初めてになります。
4月中旬が過ぎても相変わらずパッとしないお天気が続き、余りの寒さにコチドリさんも羽毛をプクッと膨らませていました。
そんなせつない北海道ですが、夏鳥達はどんどん飛来しております。
今、えぞ紫が一番見たいのはシギの仲間達です。
昨年遭遇したキアシシギを、今度はデジ一でバシッと撮りたいし
頑張らナイト^^♪



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : コチドリ

旅の中止?

函館市・東部の海岸線をで流しながら渡り鳥を見つけては撮影する、その最後のポイントでコクガン(カモ科の冬鳥)さんの大越冬地でもある川汲

コクガン①

そこには、何と!まだ数羽のコクガンさんが居残っておりました。
え!?
何で?何で??
もう4月中旬だよ‥?

コクガン②

他の仲間や冬鳥達はとっくに旅立ったと言うのに、彼らは一体どうしてしまったのでしょう。
ケガや高齢等の体力的な問題でも抱えているのでしょうか‥。

ユリカモメ

コクガンさんのすぐ近くには、マガモ(カモ科の留鳥)さんの他、ガングロ夏羽のユリカモメ(カモメ科の旅鳥)さん達の姿も見られました。
みんな、この地がお気に召し、どっしり腰が重くなってしまったのでしょうか(笑)
別に、冬鳥だから夏は此処にいてはおかしいだとか、旅鳥だから何処か旅に出ろだとか、留鳥だから絶対此処にいなくてはダメだとか、そんな事はえぞ紫的には重要な事ではなく、そこに野鳥がいれば嬉しいし、いなければそれもまた良し‥なのです。
野鳥を探し歩く楽しみが増えるだけの話しなのですよ。
そうしてカメラを抱えて出かけたフィールドでは、夏鳥さんとビシ!バシ!!遭遇しているえぞ紫なのでした~





今日のおまけ。

北海道産ウニ♪

キレイで安全なウニです^^
美味しくて☆::・'゚☆。.::・'゚ヽ(*⌒∇⌒*)ノ。.::・'゚☆。はっぴー♪



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : コクガン マガモ ユリカモメ

アカエリカイツブリ。。。

アカエリカイツブリ‥カイツブリ科の夏鳥です。

アカエリカイツブリ①

大きさはカイツブリさんより大きく47cm程で、雌雄同色になっています。

アカエリカイツブリ②

夏羽は、頭部が黒く顔は白色、首が赤褐色をしています。
冬羽は上面は暗褐色で下面が淡褐色だそうで、この個体は冬から夏への衣替えの最中なのかもしれませんね

アカエリカイツブリ

撮影場所は函館市東部・南茅部地区だったのですが、かなり沖合いにいた為に鮮明に写す事は出来ませんでした。
一瞬、カンムリカイツブリ(カイツブリ科の冬鳥)さんかも!と思ったのですが、首が‘アカエリ’なんですよね(笑)
今度は、完全に衣替えの終わったアカエリカイツブリさんを見てみたいですね




今日のおまけ。

カンムリカイツブリ?

アカエリカイツブリさんに出会う前に撮った正体不明な鳥さんです。
これって、もしかして‥!?
それとも‥!!
あーー、気になるーーーーーっ(笑)



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : アカエリカイツブリ カンムリカイツブリ カイツブリ

ハジロカイツブリ。。。

ハジロカイツブリ‥カイツブリ科の冬鳥です。

ハジロカイツブリ①

大きさは32cm程とカイツブリさんよりも若干大きく、雌雄同色です。
冬羽は、体の上面が黒褐色で下面は白っぽくなっています。
目は真っ赤です。

ハジロカイツブリ②

写真のハジロカイツブリさんは夏羽で、体の上面は黒褐色で側面は赤褐色、下面は白っぽく、目の後方に金色の飾り羽が出るのが特徴です。

ハジロカイツブリ③

夏羽に金色の飾り羽を持つそっくりさんにミミカイツブリさんがいるのですが、ミミカイツブリさんの首は赤褐色、ハジロカイツブリの首は黒色をしていると言う事で、これはハジロカイツブリさんと決定致しました

ハジロカイツブリ④

撮影場所は、函館市東部の南茅部地区。
波の穏やかな湾内で、2つがい4羽で仲良く潜水していましたよ
ハジロカイツブリさんを撮影する前には、別の場所で別のカイツブリ科の野鳥も撮影する事が出来ました。
さすが南茅部地区
素晴らしい~



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ハジロカイツブリ カイツブリ

ルーツ。。。

4月12日月曜日大安の日、突然、母方の古ーい知り合いがえぞ紫家へ遊びに来ました。
その方は大正12年生まれ(満86歳)のおじいさんで、まだ健在の同級生を訪ねて道南へ一人で!旅行に来たのですが、折角出てきたついでにウチに寄る事になったのです。

福寿草①

えぞ紫の祖父母は皆他界してしまったので、思いがけない訪問に、死んだおじいちゃんが生き返って遊びに来てくれたみたいで凄く嬉しかった
とは言っても何せ突然の事なので当然何の用意もしておらず、食事の仕度やお泊り用の寝具の準備等で多少バタバタしてしまいましたが(笑)

福寿草②

それにしてもビックリしたのが、このおじいさん、少し足が悪くて障害者認定を受けている他は至ってお元気で、目も耳も口も頭(記憶力)もしっかりしていて、とても86歳とは思えない程のお達者さんなんです。
おじいさんは母方の祖父と同郷で古くから親戚同然の付き合いをして来た方なので、これは良い機会だわ♪と、昔の事‥母方の祖父のルーツ等を色々と聞いてみました。

福寿草③

母方の祖父は四国は徳島県阿南市の出身で、元々は武士の家系だったそうです。
(母方の祖母の出身は、只今調査中~^^)
それが明治維新による武家制度の廃止で農家となり、長男でなかった祖父は開拓農民として北海道へ移住して来たとの事。
昔の「家制度」は、現代人が理解し得ない位複雑だったのでしょう‥。
人間86年も生きていると色んな事があるそうで、その人生は歴史の教科書そのものでした。
戦争の話し等、当時を経験した人でないと分からない体験談を聞くのは、とても勉強になります。
おじいちゃんっ子だったえぞ紫は、お年寄りの話しを聞くのが大好きなんですよ。

福寿草④

昔苦労したお年寄りは、みんなそれぞれに頑固です。
それは、目には見えない、自分の力ではどうしようも出来ない大きな力によって翻弄された波乱万丈な人生を生き抜いて来た事を、自ら肯定する為のプライドでもあるのだと思います。
翌朝、おじいさんがJRに乗り込むまでお見送りをし、100歳まで生きてね♪と約束し、固く握手をして別れました。
因みに、父方の祖父は北海道虻田郡倶知安町、父方の祖母は奈良県吉野郡十津川村の出で、地図で調べてみると、阿南市と吉野郡は割と近い位置関係にありました。
いつか、両親を連れて、それぞれのルーツを訪ね歩く旅をしてみたいと思ったえぞ紫なのでした。
果たして、本当に行く事が出来るのでしょうか‥(笑)
あ、今年予定していた富士山&箱根観光旅行は中止となってしまいました~^^;





福寿草 ‥ キンポウゲ科の多年草で典型的なスプリング・エフェメラル
別 名 ‥ ガンジツソウ(元日草)で1月1日の誕生花
花言葉 ‥ 幸せを招く、思い出、幸福
‥でも、毒草なのです(笑) ─ Wiki参照 ─


北海道も、いよいよお花の季節に突入です



テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : 福寿草

ノスリ。。。

4月も中旬になり、田園を覆っていた雪も完全に解けた今日この頃、冬の間あれだけ頻繁に見られたノスリさんの姿が全くと言って良い程見られなくなってしまいました。
残念‥
なので、今日は在庫のノスリさんをお送りします

ノスリ①

一枚目の写真は、2月中旬撮影のノスリさんです。
農家の納屋近くにあるお気に入りの電柱に止まる瞬間を、ノスリさんの裏側全部見せます~な感じでパシャリです(笑)

ノスリ②

2枚目は3月下旬の撮影です。
えぞ紫のトホホ♪コースである土手で、トビさんとの餌の奪い合いにあっけなく敗退してガッカリな瞬間をパシャリです(笑)
賢いノスリさんは、体の大きなトビさんと張り合うなんて無駄な事はしないのでしょうね。

ノスリ③

3枚目の写真も3月下旬の撮影で、このノスリさんは、いつも見ているノスリさんと比べるととても色白な個体でした。
残念ながら、足や胸、腹部を見る事が出来なかったのですが、色白な個体を見ると秘かに狙っていたケアシノスリかもと、思わずドキッとしてしまうんですよね(笑)
いつか、ケアシノスリさんも見てみたいですね



今日のおまけ。

トビ

2枚目のノスリさんと餌の奪い合いをしていたトビさんです。
餌の鳥は何だろう?
黄色い足が気になるわーー??(笑)



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ノスリ トビ

ヒバリ。。。

昨日の渡り鳥の写真を撮る為に海岸線を歩いていた所、目の前にヒバリさんが飛んで来てくれました
らっきー

ヒバリ①

でも、何だか少し様子が変‥。
コンクリート護岸の上でじっと身を竦め、周りを警戒しつつ固まっていたヒバリさん。
この写真の撮影日は薄曇りで吹く風も冷たく、夏鳥のヒバリさんには少々せつないお天気だったのかもしれません。
でも、そのお陰で鮮明な写真を撮る事が出来ました。

ヒバリ②

でも、すんごく不細工顔に写っちゃった~~ヾ(≧▽≦)ノ
いえいえ、笑ってる場合ですよ♪じゃなくて、この写真、もしかして瞬膜が閉じているのでしょうか?
ある意味、凄いですよね(笑)

ヒバリ③

今度は少し立ち上がって。
はい、頭部の冠羽も綺麗に撮れましたです~
おー、嘴の先と足首は黒っぽい色をしているんですね。
今春はヒバリさんと相性が良さげなので、今度はもっと鮮明な飛翔シーンを撮ってみたいですね



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ヒバリ

旅の途中 partⅡ。。。 

旅の途中の渡り鳥との出会いを求めて、今度は国道228号線沿いを、函館市から西方面に向かって車を走らせてみました

スズガモ

途中、大きな川の河口付近(←大野川ではありません)でスズガモ(カモ科の旅鳥)軍団を発見です
それより更に沖合いには‥

カワアイサ&ホオジロガモ

カワアイサ(カモ科の留鳥)がワサッと群れておりました。
基本的には留鳥のカワアイサさんですが地域によっては冬鳥として渡りをするのだそうで、この群れも、もしかしたらその移動途中だったのかもしれませんね。
カワアイサさん達の後方には、少数ながらホオジロガモ(カモ科の冬鳥)さんの姿もありました。

ヒドリガモ&ホオジロガモ

その中に、オスの若鳥さんのお姿も!!(写真右)
翼の部分が若干白化してきていますが、それでも全体的な体色はメスに近く、でも、頬にはオスの特徴である白斑がハッキリと確認できますね
こんな所で出会えるなんて、らっきーです
んで、その手前にいるのはヒドリガモ(カモ科の冬鳥)さんで‥

ウミアイサ

それから少し離れた場所には、ウミアイサ(カモ科の旅鳥)さんのつがいもおりましたです。
4月も中旬になりましたが、まだまだ冬鳥や旅鳥達の姿を見る事が出来ます。
天気予報に雪マークが復活し冬に逆戻りした様な寒い日があったり、暴風吹き荒れる悪天候が続いたり‥で、今春は渡りのペースがゆっくりなのかもしれません。
中には渡りをしていると見せかけて、実は渡りを止めて留鳥化した渡り鳥もいるかもしれませんしね(笑)
いずれにしても、そこに野鳥達がいる限り、彼らとの嬉しい出会いを求めて何度でも車で☆GOなえぞ紫なのでした~




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ウミアイサ カワアイサ ホオジロガモ スズガモ

ハシブトガラ。。。

いつもの森にお住まいのハシブトガラさんが、ネコヤナギの綿毛ちゃんを食べておりました

ハシブトガラ①

あの銀白色のふわふわ綿毛ちゃんはヤナギ科の樹木の花穂で、まだ昆虫類が出回る前の今の時期は、それらもハシブトガラさんの餌になるのですね。
綿毛ちゃんを食べる‥と言っても綿毛そのものを食べる訳ではなく、多分、子房?あたりの栄養価の高い所だけをちょこちょこっと啄ばんでいるのだと思います。

ハシブトガラ②

食べる所が無くなった綿毛ちゃんは、惜しげもなくポイ捨てしちゃうハシブトガラさん(笑)

ハシブトガラ③

今度は、冬芽の皮を被った花序の根元の部分をカジカジです(笑)

ハシブトガラ④

でも、ネコヤナギの花序はあまり好物ではないのでしょうか、周りをキョロキョロし、何か他に美味しいモノが無いかな?とでも言いたげに、振り向きざまに何処かへ飛んで行ってしまったハシブトガラさんなのでした。
美味しいモノ、見つかると良いですね


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ハシブトガラ

キクイタダキ。。。

いつもの森を散策中、水際で羽を休めていたキクイタダキさんに遭遇です

キクイタダキ?

水を飲むでもなく、餌を探すでもなく、ただ水際をウロウロしていたキクちゃん。
水鏡に映る自分の姿にウットリ酔いしれていたのでしょうか?(笑)

キクイタダキ②

湖を覆っていた厚い氷も完全に溶けて、これからは水棲昆虫の活動が始まります。
それら餌場の下見だったのでしょうか。

キクイタダキ③

餌が豊富で営巣に適した縄張りの確保も必要でしょう。

キクイタダキ④

キクイタダキさんも、これからが繁殖シーズン。
繁殖期になれば、オスの頭頂部にあるシンボルも見え易くなり、撮影のチャンスも増えるかもしれません。
今年こそ、オスのシンボルをGET♪したいですね



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : キクイタダキ

ゴジュウカラ。。。

春の予感を求めていつもの森を散策中、営巣用の木の洞をウロウロ物色中のゴジュウカラさんを目撃しました

ゴジュウカラ①

この洞は、昨年もゴジュウカラさんが巣穴として使っていた洞です。

ゴジュウカラ②

周りに天敵がいないか警戒しつつ‥

ゴジュウカラ③

洞の中を入念にチェックです。

ゴジュウカラ④

洞の中に入ったり出たりを何度か繰り返していたゴジュウカラさん、この物件はお気に召したでしょうか?
いつもの森では、この様な野鳥達の行動があちらこちらで見られる様になってきました。
今年も彼らの営巣をそっと静かに見守りつつ、チャンスがあれば可愛い雛ちゃんの写真を撮れるよう頑張りたいですね


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ゴジュウカラ

シノリガモ。。。

先日、またまた函館市東部の海岸線を走っていたら、またまたシノリガモ(カモ科の冬鳥)さんに遭遇しました

シノリガモ①

今回出会ったのは前回とは違うポイントで、5~10羽の小群が少しずつ距離をおいて数群ユラユラ揺らめいているのを確認する事が出来ました
らっきー
その中で、最も岸寄りにいた群れをじっくり観察です
この群れではオスの方の数が多く、適齢期を迎えた?オス軍団と1羽のメスとが仲良く追いかけっこをしていました

シノリガモ②

必死に逃げるメスを追いかけて~~♪

シノリガモ③

逃げて~~~~~♪
追いかけて~~~~~♪

シノリガモ④

この追いかけっこは、メスが観念するまで?続くのでしょうね(笑)
そんな必死な彼らの後ろを、まるで茶化すみたいな仕草で付いて行くオスもいました。
どこの世界にも、このテの輩はいるのですよ‥

シノリガモ⑤

最後の1枚は、別の群れの中にいたつがいです。
このつがいは、2人の世界を邪魔されるのを嫌うかの様に他の仲間から少し離れた所で仲良く寄り添い合いながら揺らめいておりました。
そんなラブラブシノリ・ペアに癒されつつも、彼らが渡り組なのか留鳥組なのか?が気になって仕方が無かったえぞ紫なのでした~(笑)
今度、また見に行って来よっと


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : シノリガモ

キバシリ。。。

今日は、キバシリさんの写真をお送りします

キバシリ③

いつもの森へ野鳥撮影に出掛ける毎に、キバシリさんのなりすまし技を見抜くべく目を凝らし、チリリリリ~♪の鳴き声をキャッチすべく耳を澄ませているえぞ紫ですが、そう簡単には見つける事が出来ないキバシリさん。

キバシリ④

上2枚が3月中旬に撮った写真で、下2枚が3月下旬に撮った写真なのですが、1ヶ月間頑張って、これだけしか撮れませんでした‥
キビシ~~~~ッ(←財津一郎調で^^)

キバシリ①

出会うのもままならないのに、せくしぃ☆ポーズなんてそう簡単には撮れません(笑)

キバシリ②

思う様な写真が撮れないうちに季節は春になってしまいました。
んで、野鳥の写真は撮れなくても、写真を撮りに行ったついでに山菜なんか採っちゃったりしてね。
美味しい旬のモノ食べて、これからも頑張っちゃうモンね~~(笑)





今日のおまけ。

ふきのとうの天ぷら

ふきのとうの天ぷらです^^


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : キバシリ

ムクドリ。。。

今日の写真は、ムクドリさんの第2弾をお送りします

ムクドリ①

前回のムクドリさんは悪条件の中での撮影で暗~~い(|||-_||| ノロイ‥‥)写真になってしまいましたが、今回は清く明るく美しく♪な感じに撮れました(= ̄∇ ̄=) ニィ

ムクドリ②

撮影場所は前回と同じくえぞ紫の自宅近所の田園で、そこではいつも10羽前後の群れで行動している姿を見る事が出来ます。
そんなムクドリさん、電線上で周囲の安全と餌場を確認?した後は‥

ムクドリ④

地面に降りてお食事です。

ムクドリ③

寒の戻りでまだ寒い日も多い北海道ですが、眠っていた動植物達が次々と目を覚まし活動を再開し始めています。
そんな彼らの生命の息吹を感じられる春って、やっぱりわくわくしますよね



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ムクドリ

シマリス。。。

先日、久々の函館山散策でシマリスさんに遭遇しました

シマリス①

今冬の大雪で函館山の雪解けはかなり遅れており、登山道や山肌の至る所に多くの残雪が見られましたが、そんな函館山も季節は春でシマリスさんの繁殖シーズン真っ最中。
今年もあの石垣で仔リスちゃん達の姿が見られるかも~♪と期待して行ってみたのですが、残念ながら見られたのは別のお宅にお住まいの大人のシマリスさん1匹だけでした。

シマリス②

とは言え、約1年ぶりのシマリスさんとの再会。
その円らなうるるん♪お目目の何と可愛い事でしょう

シマリス③

そんな喜び三昧なえぞ紫の存在が大迷惑なシマリスさん。
えぞ紫の気配を察知し、警戒して石垣に入り込んでしまいました。
「お外に出たいのに人間がそこにいるから出るに出られない
シマリスさんの表情からは、そんな心の葛藤が伝わってきますね(笑)

シマリス④

暫くの間引きこもった末に意を決し、おっかなびっくりのコマ送り状態で少しずつ外に出てきたシマリスさん。
最近は体の大きなエゾリスさんばかりを見ていたせいか、その小さな体で動き回るシマリスさんの姿がとても新鮮に映りました。
この日、函館山やその周辺の公園等での野鳥撮影の方は収穫ゼロの悲しい結果になってしまいましたが、このシマリスさんとの出会いは、その悲しみを埋めるに値する素敵なものになったのでした



テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : シマリス エゾリス

ウミアイサ。。。

渡り鳥の姿を求めて車を走らせていた時、八雲町を流れるとある川の河口付近にウミアイサさん(カモ科の旅鳥)の小群を発見です

ウミアイサ①

前回撮影した写真は逆光でダメダメ写真でしたが、その後も何度か失敗が続き、今回やっと見るに耐える写真を撮る事が出来ました。
それもこれも偏にカメラさんの性能の良さのお陰です(笑)
ありがとう、カメラさん(*^-^*)

ウミアイサ②

そんなカメラさんとカメラさんの発展を支えてくれる皆様方への感謝の気持ちを胸に、連日吹き荒れている強風に煽られながら必死に踏ん張り+α(自助努力)の意気込みで撮影に臨んだえぞ紫(笑)

ウミアイサ③

と!
突然、オス同士が小競り合いを始めました。
あらまあ、ウミアイサさんってば、意外と気性が荒いのカモ(笑)

ウミアイサ④

ケンカ相手を追い払い、つがいとの平穏な時間を取り戻したオスの顔には、心なしか自信が漲っている様に見えますね
彼らも旅の途中だったのでしょうか。
ウミアイサさんには来年もまた会える事を願ってその背を見送り、次の目的地へと向かって車を走らせたえぞ紫なのでした。。。




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ウミアイサ

ミコアイサ。。。

えぞ紫の自宅近所の川で、ミコアイサさん(カモ科の冬鳥)のメスに遭遇です

ミコアイサ①

周りにオスの姿は無く、このメスは1羽だけでカルガモさんの後ろに付いて行動していました。

ミコアイサ②

今冬は、この川の本支流で頻繁にミコアイサさんの姿を見る事が出来ました。
お世辞でも綺麗とは言えない川ですが、これが思いのほか居心地が良くてこの近辺で越冬していたのかもしれませんね。

ミコアイサ③

逆を言うと、それだけ彼らの生育場所の減少が逼迫している表れ‥とも言えますが‥。
身近な所で絶滅危惧種であるミコアイサさんを見られるのは非常に嬉しい事ですが、それを素直には喜べないと言う現実もあるのですよ‥。

ミコアイサ④

最後の写真は、いつもの湖で撮影したミコちゃんペアです。
この湖での撮影では相変わらず接近戦に持ち込めず、撮れる写真はいつもこんなんばかり‥
でも、これが本来あるべき形‥なのかもしれませんね‥。
直向きに生きている彼らが安心して生活できる場が増え、いつか絶滅無畏種になってくれる事をただただ願いうばかりです。
野鳥撮影と野鳥保護‥この相反する立場に時々ジレンマに陥りながら、でも、チャンスがあれば撮影も頑張っちゃおうと意気込むえぞ紫なのでした




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ミコアイサ カルガモ

旅の途中。。。

渡り鳥との出会いを求めて函館市東部の海岸沿いを走っていると、南茅部地区川汲でコクガンさん達の群れに遭遇しました

コクガン①

この場所はコクガンさんの越冬地として有名で、地元新聞紙にも取り上げられた事のある場所です。
渡りの中継地にもなっているのでしょうか、時に黒いジュータンを敷き詰めたかの様にびっしりと海上を埋め尽くコクガンさんの大群を見る事も出来ます。

コクガン②

そんなコクガン軍団の殆どが既に旅立ってしまったと言うのに、マイペースな居残り組はのんびりとした時間を過ごしていました。
これから命懸けの渡りをすると言うのに、何とも緊張感が感じられないコクガンさん達(笑)
゚☆,。・:*:・゚★のほ(*´▽`*)ほ~~ん♪゚★,。・:*:・☆゚

コクガン③

この場所はコクガンさん達の他にオオセグロカモメさん、セグロカモメさんらカモメ科の仲間達の姿も数多く見られます。
一昨年のユリカモメさんも、ここでの撮影になります。

スズガモ

沖合いにはスズガモさんの群れが‥

オナガガモ他色々①

手前の浅瀬には、オナガガモさん、カルガモさん、マガモさん、コガモさん、ヒドリガモさん達カモ軍団が鎮座ましましておりました。
これだけの種類が一挙に揃うのも珍しいのではないでしょうか。

オナガガモ他色々②

中には「八つ墓村ごっこ」をしているオナガガモさんの姿が!
それに釣られるマガモさん!!
いえいえ、見事なまでにシンクロしながらお食事をしているのです(笑)
まだまだ続く旅の道中、どうか無事であります様に。。。



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : コクガン スズガモ オナガガモ マガモ カルガモ ヒドリガモ コガモ オオセグロカモメ

シマアジ。。。

シマアジ‥カモ科の夏鳥です(写真左)。

シマアジ①

大きさは38cm程と小型で、写真右に写っているカルガモさん(60cm)と比べると、その小ささが分かりますね。

シマアジ②

写真のシマアジさんはオスで、赤褐色の頭部には白く太い眉斑が入っており、胸や背は黒褐色で背には飾り羽があります。
メスは全身が褐色で黒褐色の斑が入っているそうですが、この場所でメスの姿を確認する事は出来ませんでした。

シマアジ③

撮影場所は函館市東部・南茅部地区のとある漁港近くの河口で、一昨年ミツユビカモメ?さんやスズガモさんを目撃したのと同じ場所です。
この日は残念ながらお目当てのミツユビカモメさんは見る事が出来ませんでしたが、今年17種類目の初見・初撮りになるシマアジさんとの出会いに超感激のえぞ紫
自身のヤル気に拍車が掛かったのは言うまでもありません♪なのです
余談ですが、アジは干物にして焼くよりもフライにして食べる方が好きです(笑)


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : シマアジ

シノリガモ。。。

シノリガモ‥カモ科の冬鳥で、環境省の絶滅の恐れのある地域個体群、北海道の希少種に指定されている野鳥です。

シノリガモ①

大きさはマガモより小型の42cm程。
オスは全身が黒っぽい青色(紺色?)で、脇と頭部の一部が赤褐色になっている他、体中に様々な形の黒斑や白斑が入っています。
メスは全身が黒褐色で脇が色が淡く、白斑は顔にのみ入っています。

シノリガモ②

撮影場所は函館市東部の南茅部地区、とても仲良くシンクロしている所をパシャリです
函館市東部の海岸沿いは、実は知る人ぞ知る?海鳥の観察ポイントが数箇所あって、えぞ紫も時々車を走らせては海鳥がいそうな場所をチェックしているのです

シノリガモ③

シノリガモさんは、過去にもこの辺りの海岸で何度か目撃した事はあったのですが、ちゃんとした写真に収める事が出来たのはこれが初めてになります。
それにしても、見れば見るほど不思議な模様をしていますよね。
手持ちの図鑑には一部留鳥で繁殖する個体もある‥と書かれていますが、このシノリペアはどちらなのでしょう。
年に何度も同じ道を走ると無意識に色んな事を記憶しているもので、そんなえぞ紫の記憶では、ここで夏には見た事が無い様な気がします。
ま、えぞ紫の記憶なんてアテにならないんですけどね(笑)



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : シノリガモ

ヒバリ。。。

ヒバリ‥ヒバリ科の夏鳥です。

ヒバリ①

大きさはスズメさんより少し大きめの17cm程で雌雄同色、体は全体的に淡黄褐色で頭部、体上面、胸、翼に黒い縦斑があります。
腹部は白色で、胸や脇腹に黒褐色の縦斑が入っています。
頭部には特徴的な冠羽があるそうですが、この写真では確認する事が出来ませんね。

ヒバリ②

撮影場所は、えぞ紫の自宅近所の田園。
「春を告げる鳥」として有名なヒバリさんの待ちに待った飛来ですが、ご覧の様に畑には一面の雪が‥
ヒバリさんもさぞかしビックリした事でしょう(笑)

ヒバリ③

そんなヒバリさんの飛翔シーンが撮れました
まるで弾丸ですね(笑)

ヒバリ④

えぞ紫が持っているヒバリさんのイメージって、いつも高い所をピーチク♪パーチク♪忙しく鳴きながらハタハタハタ~と羽ばたいていて、声はすれども姿は見えず‥って感じなんですよね。
なので、こうして飛翔シーンが撮れたのは、えぞ紫的には凄くラッキーで凄く嬉しい事なのです。
でも、この写真って、何か合成っぽく見えませんか?
実は‥ψ( ̄▽ ̄)ψイヒイヒイヒイヒエイプリルフール♪

ヒバリ⑤

今日から4月。
ヒバリさんも鳴き始め、誰が何と言っても春到来!です。
右のポッケに入っている小さな夢を握り締め、歌も楽しや東京キッド、踊る踊りはジタバータ♪で頑張りたいと思います
あ、歌と踊りはやらないんだったー(* ̄m ̄)プッ



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ヒバリ

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴12年目に突入!ですがー、専門家ではないので、基本、何事もアバウトなままです^^
あらゆる自然と対話しつつも、行き当たりばったりに撮った写真で自己満足の世界を創造し楽しんでいます^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物です。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままの上で相談に応じます^^)
 ♡  ♡  ♡
このサイトは第一次アセンションを体験した夢見る乙女な管理人の愛とプラス思考で運営しておりますので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード