08
   

ニホンアマガエル。。。

お目当ての野鳥を撮るべく通っているカワガラスさんやイソシギさんのいる渓流とその付近の山には、ニホンアマガエルさん達がたくさん暮らしております

ニホンアマガエル①

えぞ紫が子供の頃は何処ででも普通に見る事が出来たアマガエルさんですが、現在は自宅近所の田園地帯やいつもの湖界隈では残念ながら殆ど見る事が出来なくなってしまいました。
やはり、開発の影響なのでしょうか‥。

ニホンアマガエル②

それを考えると、この渓流一帯は本当に自然が豊かなのだと思いますね
でも、ここで見るニホンアマガエルさんの体長は2cm程で、みんな小ぶりです。
アマガエルって、こんなモンでしたっけ??

ニホンアマガエル③

正面からゲコゲコ♪(笑)
可愛いですよね
いつか、えぞ紫も色素変異のアマガエルさんを見つけてみたいな


テーマ : 生き物の写真
ジャンル : 写真

tag : ニホンアマガエル

ニホンカナヘビ。。。

最近、野山を歩いていると頻繁にニホンカナヘビの赤ちゃんに遭遇します

ニホンカナヘビ①

ニホンカナヘビは日本の固有種で、日本中どこででも普通に見られるトカゲさんです(Wiki参照^^)。
えぞ紫も山歩きの最中にお見掛けする事が多々ありました。
が、デジ一で撮影する機会は少なかったりします。

ニホンカナヘビ②

8月の今、ニホンカナヘビはベビーラッシュを迎えている様で、おもちゃみたいな小さな体でえぞ紫の足元をちょこまかと元気に走り回っています。
でも、おチビちゃんのくせに警戒心が強いので、撮影には望遠レンズを使う事に。

ニホンカナヘビ③

そうして撮った可愛いお顔をトリミング・アップで
この辺りは餌となる虫さん達が嫌になるくらい多いので、お腹いっぱい食べてうんと大きく育って欲しいですね。
‥天敵のヘビさんもうじゃうじゃなのですが‥(笑)



テーマ : 生き物の写真
ジャンル : 写真

tag : ニホンカナヘビ

キビタキ。。。

ここ最近、お目当ての野鳥を撮るべくカワガラスさんやイソシギさんのいる渓流に通い、可能であれば川岸に降りて‘待ち’で頑張っているえぞ紫ですが、相変わらずスカな日々を送っています。

キビタキ①

日向で直射日光を浴びながら立っていると暑さで倒れそうになるので木陰で適当な岩に腰を下ろし‘待ち’に徹していると、何やら頭上に野鳥の気配が
そっとカメラを向けてみると、それは綺麗なキビタキさんのオスでした~
何と嬉しい偶然~~v(* ̄▽ ̄*)v

キビタキ②

と、ここで8月上旬に撮っていた正体不明な野鳥の写真の存在を思い出したえぞ紫
これは、もしかしてキビタキさんのメスでしょうか??
このテの野鳥は識別がホント難しいんですよね~

キセキレイ

えぞ紫がこの渓流で狙っていたのは、実はキセキレイさんでした。
このポイントにいる事は間違いないんですが、中々至近距離で撮らせてもらえないんですよね。
アオバトさんも同様で‥。
えぞ紫の場合、狙うと撮れないのかもしれませんね。
これからは余り執着せずに、またウロウロ徘徊しながら撮影を楽しむ事にします



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : キビタキ キセキレイ

ニホンマムシ。。。

ここ最近、カワガラスさんやイソシギさんを撮った渓流へ足繁く通っているのですが、そこへ行けば必ずと言って良い程ニホンマムシさんに遭遇してしまいます。

ニホンマムシ①

いつも決まった場所で日光浴をしているニホンマムシさん。
稀に、こうして2匹が重なり合う様にしている事もあります。

ニホンマムシ②

こちらのマムシさんは目が白っぽくなっています。
脱皮が近いのでしょうか。

ニホンマムシ③

こちらのマムシさんは、相棒?の太い胴体をアゴ乗せ枕にして気持良さ気にしていました。
何度見てもコワい顔をしていますよね^^;

ニホンマムシ⑥

別の個体を背後から盗撮ショットです♪
この首のくびれが毒蛇・ニホンマムシの特徴です。

ニホンマムシ④

これは、また別の個体です。
ここで見るニホンマムシさんは体色が黒っぽい個体が多いのですが、このコはマムシさんらしい模様のハッキリした体色をしていましたね

ニホンマムシ⑤

ちょっと小ぶりな、とても綺麗な個体でした
それにしても慣れってのは恐ろしいもので、こうして毎度間近で観察していると、猛毒を持つマムシさんでさえ「あ、可愛いかも‥」と思える瞬間があります。
この渓流に来ても中々お目当ての野鳥さんが現れてくれないので、最近はマムシさんを眺める事が多くなってしまったえぞ紫
マムシさん、えぞ紫は決して君を虐めたりはしないので、えぞ紫の山の守り神になってね。。。
↑意味不明な妄想ゲームをしながら仮想空間で生きている非現実的な人達に言っているのではありませんのでお間違えのない様ご注意ください。)



テーマ : 生き物の写真
ジャンル : 写真

tag : ニホンマムシ

カイツブリの親子。。。

いつもの湖で、今年もカイツブリの親子を見る事が出来ました

カイツブリ親子①

今回遭遇したファミリーには、2羽の雛ちゃんが育っていました。

カイツブリ親子②

その内の1羽を、運良く至近距離で撮影する事が出来ました
多分、今までで1番の接近戦になったのではないでしょうか。

カイツブリ親子③

とっても不思議な保護色をした雛ちゃん。
こうしてアップで見てみると、目の上の白斑が困ったちゃん眉毛になっていて、何とも言えず可愛いですよね

カイツブリ親子④

雛ちゃんの近くでは、親カイツブリさんが何度も潜水しては餌の小魚を獲っていましたよ
カイツブリの雛ちゃんを観察出来たのは、これで3年連続になります。
勿論、来年もまた見たいと思っています。
「継続は力なり」で頑張ルンバ♪なえぞ紫なのでした~





テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : カイツブリ

イワツバメの2番子のその後。。。

えぞ紫の自宅近くの高架橋下にイワツバメさんの巣を見つけて以来ずっと観察を続けて来ましたが、今日はその最終回になりそうです。

イワツバメの2番子のその後①

1枚目の写真は、7月中旬に1番子が無事に巣立ち、2番子の抱卵が始まったと思われる頃の写真です。
巣とその横のコンクリート壁には、若鳥ヘルパーさん達が張り付いています。
(8月10日撮影)

イワツバメの2番子のその後②

それから数日後、巣から1羽の雛ちゃんのお口が見えました。
(8月16日撮影)

イワツバメの2番子のその後④

そして、こちらの巣にも‥
(8月16日撮影)

イワツバメの2番子のその後⑦

こちらの別の巣にも元気な雛ちゃんの姿が。
(8月5日撮影)

イワツバメの2番子のその後③

こちらの巣でも、2羽の雛ちゃんが育っておりました。
(8月10日撮影)
食べ盛り育ち盛りな雛ちゃんは、両親の献身的な愛情に育まれて‥

イワツバメの2番子のその後⑤

数日後、こんなに大きくなりました~。
(8月16日撮影)
どの巣の雛ちゃんも順調に育った様で、次に見に行った時は‥

イワツバメの2番子のその後⑥

この巣に1羽の雛ちゃんしか見られませんでした。
(8月21日撮影)
写真を撮影した日以外でも時々この場所を歩き巣の様子を見てきましたが、雛ちゃん達は巣を飛び出しては採餌の練習をし、少し疲れたら?巣に戻って休み、休んでいる所へ若鳥ヘルパーがやって来て、それに誘われる様にしてまた飛び出す‥そんな行動を何度も繰り返していました。
今はまだあどけない彼らにも、もうすぐ渡りの時がやって来ます。
みんなには大きな試練を乗り越える強さ逞しさを養ってもらいたいと切に思うえぞ紫なのでした。
みんな、来年またここへ戻っておいでよ。。。



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : イワツバメ

ムクドリ。。。

残暑厳しい折、人間の皆様方はいかがお過ごしでしょうか。

ムクドリ①

えぞ紫の自宅付近にねぐらを持つムクドリさん達は、元気!ハツラツ~♪益々その勢力を増しております。

ムクドリ②

7月下旬頃から少しずつ群れの数が増え、住宅街の電線にズラ~~ッと‥

ムクドリ③

田園地帯にワサ~~ッと群れているのです。
現在では目測では数え切れない程の状態に。
でも、こういうのを数えるのって、野鳥の会の皆さんはお得意なんですよね?(笑)

ムクドリ④

そろそろ、夏鳥さん達の移動が始まるのでしょうか。
今年誕生した若鳥は、長い距離を渡りきるだけの体力は付いたのでしょうか。
早いもので、8月ももう1週間で終わりです。
もうすぐえぞ紫の好きな味覚の秋♪食欲の秋♪到来ですよ~



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ムクドリ

イソシギ。。。

今日は、イソシギさんの写真をお送りします

イソシギ?

1枚目と2枚目の写真は、えぞ紫の自宅近くの海で撮ったイソシギさんです。

イソシギ②

ゴミやら漂流物やらが散在した決して綺麗とは言えない砂浜で、懸命に採餌しておりました。
そんなイソシギさんを見守るえぞ紫の心境は、ちょっぴり複雑です。

イソシギ③

3枚目と4枚目は、カワガラスさんを撮ったのと同じ渓流で撮影したイソシギさんです。
こんな山の中にイソシギさん?なんてちょっと意外でしたが、ここでは何度も見掛けていたので、恐らくここを成生活の場にしているのでしょうね。

イソシギ④

モノ好き?な人間しか立ち入らない様な山の中の綺麗な渓流で、爽やかな風と心地良いせせらぎに包まれながら暮らしているイソシギさん。
何だか幸せそうに見えてしまいます。
当のイソシギさん本人は、そんな事は気にしていないのでしょうけどね(笑)


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : イソシギ

バンさん達のその後。。。

先日、いつもの湖にバンさん親子のその後の様子を見に行って来ました

バンさん達のその後①

前回の観察から3週間以上が過ぎているので、あのおチビちゃん達も随分大きくなった事でしょう‥と、その姿を見るのを楽しみにしていた所、何と!そこに真っ黒クロスケなバン雛ちゃんの姿が!

バンさん達のその後②

あらまあ、随分遅めの子育てですね。
或いは、この仔は2番子?なのでしょうか‥ちと気になる所です。

バンさん達のその後③

それにしても、ぽふぽふした体が何とも言えず可愛いです

バンさん達のその後④

真っ黒クロスケのすぐ近くには、もちろん立派に成長した若バンさんの姿も見る事が出来ましたよ。
お尻の八の字も、綺麗に見えていました(笑)

バンさん達のその後⑤

別の場所ではカルガモさんとツーショット~~
残暑厳しい今日この頃ですが、湖に吹く風にはそこはかとなく秋の気配を感じたえぞ紫
ヒミツの花園でも遂にお花の季節が終わってしまった様なので、撮影の場も湖へ移そうかな



続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : バン ミサゴ オスプレイ

ヒルガオ。。。

ヒルガオ‥ヒルガオ科のつる性の多年草です。

ヒルガオ①

茎は他の物に巻き付いて、長さは1m以上にもなります。
葉っぱは長さ5~10cm程の鉾形で先端は丸く、基部は長柄付きの心形で側片が斜め後方に張り出しています。

コヒルガオ

近似種にコヒルガオと言うのがあって、これはヒルガオよりも小型になります。
コヒルガオの葉っぱは先が尖り、側片は横に張り出して先が凹んでいるそうなんですが、写真の場合はどちらでしょうね^^;
観察していると、お花の大きさもまちまちで両方の特徴を兼ね備えているヒルガオが目に付きます。
案外、雑種化しているのかもしれないですよね。

ヒルガオ②


お花は葉っぱと対生して1個付き、朝開花して夕方に閉じます。
花冠は漏斗状で長さは5~6cm程、がくは先が5裂しますが卵形の大きな苞に隠れて見えにくくなっています。

ヒルガオ③

稀にですが、こんな白花のヒルガオも咲いています
花期は6月~9月頃、野山の草地や道端等で見られます。


テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : ヒルガオ コヒルガオ

カワガラス。。。

ミヤマカラスアゲハさんを撮影した川で、カワガラスさんに遭遇です

カワガラス①

この日は水量が少なかったので、川岸まで降りて撮影する事が出来ました。
そうして撮ったカワガラスさんの七変化

カワガラス②

毎日暑い日が続く日本列島、えぞ紫も水浴びしたーーーい(笑)

カワガラス③

前回カワガラスさんを撮影したのが厳寒真っ只中の1月でした。
やはり寒いよりは暑い方が耐えられますね。
でも、塩あめと水分補給は欠かせません

カワガラス④

泳ぎながら採餌しているカワガラスさん。
動きのある写真はボケボケしてしまいます

カワガラス⑤

お腹が満たされたのでしょうか、ひとしきり泳いだ後は‥

カワガラス⑥

岩に上がって‥

カワガラス⑦

毛繕いです
このカワガラスさんは警戒心がとても薄く、えぞ紫が近付こうが釣り人が近付こうが全くお構いなしでしたね。
この個体の近くには、もう1羽カワガラスさんがおりました。
もしかしたら2羽はつがいで、この川辺りで繁殖していたのかもしれないですね



‥また、やられちゃった^^;



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : カワガラス ミヤマカラスアゲハ

カッコウ。。。

カッコウ‥カッコウ科の夏鳥です。

カッコウ①

体長は35cm程で、雌雄同色をしています。
頭部から上面は青灰色、下面は喉と胸が灰色で腹は白く灰黒色の横縞が入っています。

カッコウ②

写真のカッコウはまだ幼鳥と思われ、上面は赤味を帯びており白や褐色斑が見られ、喉にも黒い横斑が入っています。
お口の中が真っ赤っ赤ですね

カッコウ④

足は黄色で、目の周りには黄色の輪があります。

カッコウ③

カッコウは自分では営巣せに、オオヨシキリコヨシキリモズノビタキ等の巣に託卵する鳥です。
この写真を撮った場所もそれら野鳥の姿を頻繁に目撃していたので、きっとその中に育ての親鳥さんがいたのでしょうね。
いつか、育ての親鳥さんとの凸凹ツーショット♪写真を撮りたいですね



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : カッコウ

コイチヨウラン。。。

コイチヨウラン‥ラン科の多年草です。

コイチヨウラン①

高さは5~15cm程で、根元に広卵形で長さ1.5~3cm程の葉っぱが一枚、花茎の基部には鱗片葉が2枚付きます。

コイチヨウラン②

お花は1個~数個付き、花径は7mm程で下向きに咲きます。
と、ここまで書いておいて、実はこれが本当にコイチヨウランであるかどうか今一つ自信が持てずにいます。

コイチヨウラン③

鮮明なお花のアップ写真が撮れなかった事もありますが、どう見ても図鑑に載っているコイチヨウランのお花とは違う様な気がするんですよね。
茎の基部に付く葉っぱもハッキリ確認出来なかったし‥。
時々、花弁が落ちてがく片だけの状態の物を何かのお花と勘違いする事があるので、今回ももしかしたらあぁ勘違い‥かもしれません(笑)
ですが、来年、この疑問を晴らすのを忘れない様に‥の意味を込めて、不確かなままでアップする事にしました。
花期は7月~8月頃、山地~亜高山の樹林下等で見られます。




テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : コイチヨウラン

ミヤマカラスアゲハ。。。

今年は、ミヤマカラスアゲハ(チョウ目アゲハチョウ科)さんの姿も頻繁に目にします。

ミヤマカラスアゲハ①

オクシリエビネ?を撮影した森林公園近くを流れる川では、こうして集団で吸水する姿がよく見られます。

ミヤマカラスアゲハ②

ミヤマカラスアゲハには春型と夏型があります。
また、ミヤマカラスアゲハには、カラスアゲハと言うそっくりさんがいます。
その違いを見分けるのは微妙に難しいのですが、簡単な所では‥ミヤマカラスアゲハ⇒後翅の裏面に白い帯があり、前翅の白い帯が並行になっている。
カラスアゲハ⇒後翅の裏面に白い帯がなく、前翅の白い帯が逆三角形になっている。
見た目では、ミヤマカラスアゲハの方がより艶やかに見える‥等だそうです

ミヤマカラスアゲハ③

これは、夏型のオスでしょうか。
オスの前翅の麟粉が剥がれている様に見える部分は、性標と呼ばれる物だそう。

ミヤマカラスアゲハ④

こちらは、春型のメスかな?

ミヤマカラスアゲハ⑤

光線の加減で色んな色相に変化して見えるミヤマカラスアゲハさん。
自然の生き物が発する黒色は、まるで魔法を見せらてれいるみたいで本当に綺麗なんですよね
今度は、そんな素敵なカラスさんの幼虫を探してみたいですね


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ミヤマカラスアゲハ

ホオアカ。。。

今度は、えぞ紫の自宅近くで、またまたホオアカさんの親子に遭遇です

ホオアカ親子①

写真右上に親鳥さん、左下に雛ちゃんがそれぞれ1羽ずついます。

ホオアカ親子②

まだ飛ぶのがへたっぴな雛ちゃんは、恐怖人間・えぞ紫が近付いても逃げる事が出来ず、草の上で固まってしまいました。

ホオアカ親子③

そんな我が子を守る為に、親鳥は大きな声で鳴いて恐怖人間を引きつけます。
あぁ麗しき親子愛(笑)
来春、立派に成長した雛ちゃんがつがいの相手と共にこの地に戻って来て、また可愛い雛ちゃんの姿を見せてくれる事を願わずにはいられないえぞ紫なのでした


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ホオアカ

ノビタキ。。。

えぞ紫の自宅近くの田園では、相変わらずノビタキさんのオスが賑やかな日常を過ごしています

ノビタキ①

何をそんなに騒ぐのか不思議に思っていたある日‥

ノビタキ③

巣立ったばかりの雛ちゃんに遭遇しちゃいました~
今回は何とか1羽だけ、至近距離で撮影する事が出来ました~

ノビタキ④

少し離れた所に、もう1羽。
上の雛ちゃんとは、随分色相が違いますね
この後、雛ちゃん達はまだ危なげな羽ばたきで、母ノビタキさんがいる方向へと飛んで行ってしまいました。

ノビタキ②

えぞ紫は‥と言えば、育児熱心な父ノビタキさんとメンチ切り合戦です(笑)
どちらかと言うと天然系のノビタキさんの行動は、見ていて非常に面白いですね
ノビタキさん、またお相手してね~



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ノビタキ

トウネン。。。

昨日のソリハシシギさん達を撮影した後、今度は更に小型のシギに遭遇です

トウネン①

これは、トウネン(シギ科の旅鳥)でしょうか。
大きさは15cm程で雌雄は同色。

トウネン②

夏羽は顔から首・背にかけて赤褐色、翼は褐色と黒、胸から腹は白く、嘴と足は黒色をしています。
写真のトウネンは冬羽の特徴に似ているので、恐らく若鳥と推測されます。

トウネン③

トウネンも海水浴客の間を縫う様にして、ちょこまかと歩いていました。
警戒心は薄いみたいですね(笑)
シギ類の観察はこれからが旬。
楽しみですね



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : トウネン

オオソリハシシギとソリハシシギ。。。

キアシシギさんを撮影した直後、今度は体の大きなシギに遭遇です

オオソリハシシギとウミネコ

ちょっと逆光気味ですが、ウミネコさんとの比較ショットです。
これは、オオソリハシシギ(シギ科の旅鳥)でしょうか。
オオソリハシシギの体長は約41cm程、長い嘴は先端が黒く基部がピンク色をしていて少し上に反っているのが特徴です。

オオソリハシシギとソリハシシギ

オスの夏羽は、体の上面は茶褐色に黒褐色の斑入りに下面は茶褐色をしているので、写真のオオソリハシシギさんはオスの様ですね。
近付いては逃げられ、また近付いては逃げられを繰り返しながら撮影していたその時、オオソリハシシギさんの背後に、また別の小型のシギが現れました。

ソリハシシギ①

鮮明な写真が撮れなかったのでちょっと自信が持てませんが、これは恐らくソリハシシギ(シギ科の旅鳥)と推測されます。
ソリハシシギさんの体長は約23cm程で、嘴は基部が橙黄色で他は黒色をしていて少し上に反っています。
体色は雌雄同色で、体の上面は灰褐色に下面は白色をしており、短めの足は橙色をいています。

ソリハシシギ②

少々警戒心が強く、寄り切る前にオオソリハシシギさんと共に飛び去って行ってしまったソリハシシギさん達。
今回は鮮明な写真が撮れなかったので、これは又リベンジするしかないですね
がんばろ~っと


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : オオソリハシシギ ソリハシシギ

キアシシギ。。。

先日、えぞ紫の自宅近くの海岸でキアシシギさんに遭遇しました

キアシシギ①

ここ最近、シギ科の鳥達を頻繁に見掛ける様になってきました。
シギは田園地帯でも見られるのですが、大きく育った稲が邪魔をして撮影する事が出来ず、ならば海はどうかな?と思いカメラを抱えて出掛けてみたら案の定大当たりでした

キアシシギ②

昨年の12月に同じ海岸で出会って以来、デジ一で鮮明に撮りたいと思い続けていたキアシシギさん。
やっと撮れて、いや~ん♡嬉しいです~

キアシシギ③

キアシシギさんは、その名の通り、とても綺麗な黄色い足をしていました。
この日は、同じ海岸で数種類のシギ科の鳥を見る事が出来ました。
周りには数名の海水浴客が居たのですが、鳥達は人間の存在なんてお構いなし♪って感じでしたね。
それらの写真は、明日以降順次アップしたいと思います



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : キアシシギ

ニホンマムシ。。。

オクシリエビネ?を撮影した森で、日光浴中のニホンマムシさんを発見です

ニホンマムシ①

基本的に夜行性のマムシさんと基本的に昼行性のえぞ紫とは行動時間がズレているので、今まで1度も遭遇した事は無かったのですが‥いや~、遂に出会ってしまいました
夜行性と言ってもそこは変温動物、昼間は活発に行動しないだけであって、こうして日光浴をする為に日中でもそこいら辺でとぐろを巻いているのですね‥

ニホンマムシ②

マムシさんは、日本中何処にでも普通に生息しています。
これまで色んな野山に何度も分け入っても1度も出会わなかった事の方が奇跡に近い事で、これは「油断大敵」と言う山の神様の警告だったのかもしれません。

ニホンマムシ③

それにしてもコワい顔をしています。
アオダイショウさんやカラスヘビさんと見比べてもお分かりになると思いますが、これは猛毒を持つ本物のワル顔です。
さすがのえぞ紫もこやつには近寄る事が出来ず、ぎりぎりの線から望遠レンズでの撮影となりました。
えぞ紫の3大恐怖である①スズメバチ、②マムシ、③ヒグマさんに十分気を付けながら、これからも素敵な自然散策を楽しみたいと思います


テーマ : 生き物の写真
ジャンル : 写真

tag : ニホンマムシ アオダイショウ

セグロセキレイの若鳥。。。

オクシリエビネ?を撮影した森近くを流れる川で、セグロセキレイさんの若鳥に遭遇しました

セグロセキレイの若鳥①

出会った幼鳥は2羽。
近くに親鳥がいた様な雰囲気だったのですが、残念ながら声はすれども姿は見えず終いでした。

セグロセキレイの若鳥②

パッと見はハクセキレイさんの若鳥に良く似ていますが、セグロ若さんの方が全体的に色黒な感じですね

セグロセキレイの若鳥③

そして、セグロ若さんにも、特徴の胸の大きなエプロンが出現し始めています(笑)
この後、親鳥に呼ばれる様にして飛び立って行ってしまったセグロ若さん達、今度また会えると良いな♪
この辺りの清流は中々素敵な撮影スポットみたいなので、これからも足繁く通いたいと思います
でも、危険もいっぱい‥^^;



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : セグロセキレイ ハクセキレイ

ゴイサギ。。。

ゴイサギ‥サギ科の夏鳥です。

ゴイサギ①

体長は57cm程、背を丸めたずんぐり体型で雌雄同色です。
体色は、頭と背中が黒色で翼は灰色、体の下面は白色をしています。

ゴイサギ②

目は赤く、繁殖期には後頭部に長い飾り羽が出ます。
嘴は黒く、足は黄色をしています。

ゴイサギ③

幼鳥は全身が暗褐色で白色の斑点があり、目は黄色をしています。
(ちょっとピンぼけ~

ゴイサギ④

撮影場所はえぞ紫の自宅近くを流れる大きな川沿いで、この夏誕生した幼鳥を含む一個団体がわさっと一か所に固まって止まっていました。
その数およそ‥多すぎてとても数えられません(笑)
写真のゴイサギさんは、ほんの一部にすぎないのです。
この辺りでゴイサギさんが営巣していたのは分かっていたので、いつもの様に運が良ければ巣立ちを終えた幼鳥を見る事が出来るかも♪と期待していたのですが、まさかこんな大群に遭遇するとは‥もう、びっくりですね。
でも、スペシャル☆らっきー



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ゴイサギ

オクシリエビネ?。。。

オクシリエビネ‥ラン科の多年草です。

オクシリエビネ?①

高さは20~40cm程、地下に球形の偽球根があります。
葉っぱは数枚付き、長さは10~25cm程の狭長楕円形で平行脈が目立ち、葉先は鋭く尖っています。
(オクシリエビネは本州以南に自生するナツエビネの変種で、葉っぱの裏面には短毛が生えているとされています

オクシリエビネ?②

お花はややまばらに総状花序に10~20個程付きます。
がく片は狭卵形で先が細く尖り、長さは1.5~2cm程で後方へ反り返っています。
唇弁は広卵形で3深裂し、中裂片が大きく菱形状になっています。

オクシリエビネ?③

オクシリエビネの自生地は、北海道では奥尻島と本州では青森県のみと限られており、環境庁の絶滅危惧II類の指定されている程その数が少なくなっているのだそうです。
が、えぞ紫がこのお花を撮影したのは奥尻でも青森でもなく、地元のとある森林公園内なのです。

‥何故こんな所に!?
ってか、これって本当にオクシリエビネなの??
偶然にも、つい数日前に季刊誌「ファウラ」の奥尻島特集で、サルメンエビネとオクシリエビネについての記事を読んだばかり。
いやーん、奥尻島に行ってみたいにゃあ~と思っていた矢先の偶然の出会い‥。
何か運命を感じてしまうのは気のせいでしょうか‥(笑)
花期は8月、山地の樹林下等で見られます。




テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : オクシリエビネ サルメンエビネ

スジクワガタ。。。

昨日のミヤマクワガタさんが止まっていたのと同じ樹に、今度はスジクワガタ(コウチュウ目クワガタムシ科)を発見です

スジクワガタ①

スジクワガタのメスとの遭遇は体験済みでしたが、オスと出会ったのはこれが初めてですね。
しかも、結構~大きかった

スジクワガタ②

これは、別のペアのスジクワガタさん。
こちらも、オスがメスの上に乗っかって縄張り宣言中(笑)

スジクワガタ③

しかも、カメラに向かって威嚇してきたり。
クワガタさんのオスは気性が荒いのよね

スジクワガタ④

こちらは、同じ森の中で、別の日に撮っていたメス。
この場所は、クワガタさんの生息数が多いみたいです。
さて、次はどんな種類のクワガタさんに出会えるか乞うご期待ですね




テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : スジクワガタ

ミヤマクワガタ。。。

今日は、昆虫少女の憧れの的・ミヤマクワガタ(コウチュウ目クワガタムシ科)の登場です

ミヤマクワガタ①

今回遭遇したのは体長5cm以上はある大型のオスで、その下には‥

ミヤマクワガタ②

メスをしっかり囲っておりました~
逞しいオスに守られながら、メスは黙々と樹液を吸ってお食事中。

ミヤマクワガタ④

「この餌場とメスはおらのもんだぁ」とでも言いたげに、固まって動かないミヤマオスさん。
でも、良く見ると、オスの下に別種のメスがちゃっかり隠れているんですよね(笑)

ミヤマクワガタ③

今年はミヤマクワガタさんの当り年なのでしょうか、至る所で見かけています。
子供の頃はこんなのが近所の雑木林に普通に生息していて、夏休みには、それを捕まえては昆虫標本を作ったりしたものです^^
より大きく、体に傷の付いていない個体を見つけると嬉しくてね^^
今度は、大型のノコギリクワガタを見つけたいな~



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ミヤマクワガタ

ハクセキレイの若鳥。。。

今日は、えぞ紫の自宅近くで見られるハクセキレイさん達のその後の様子をお送りします

ハクセキレイの成鳥

最近は育児の方も一段落着いたのでしょうか、ハクセキレイさん親子はそれぞれ単独行動をしている事が多くなった様な気がします。
それでも、時々声高々に鳴いていたりするのは、つがいの相手や一人立ちを始めた我が子への安否確認なのでしょうか。
みんなに、この声は届いているのかな。。。

ハクセキレイの若鳥①

こちらは自立を始めた若セキレイさん。
体色も、濃くなってきましたね♪

ハクセキレイの若鳥②

胸のエプロンも大きくなって、逞しさも感じられる様になってきました。
基本は夏鳥のハクセキレイさん、この田園で育った彼らは渡りをするのでしょうか?
彼らの旅立ちを見送るのが嬉しい様な寂しい様な‥ちょっぴり複雑なえぞ紫なのでした。。。


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ハクセキレイ

イワツバメの2番子。。。

えぞ紫の自宅近くの高架橋下で営巣しているイワツバメさん達のお宅では、只今2番子の子育て真っ最中です

イワツバメの2番子①

‥なハズなのですが、よくよく観察していると巣立ちを終えた1番子が巣に戻っているパターンもあるみたいで、そうなるとどれが親ツバメ?でどれが1番子ツバメ?2番子はもう巣立ったの?‥と区別がつかなくなってしまいます。
この2羽は親子 or つがい?

イワツバメの2番子②

これは、新しく巣作りをしていたあのイワツバメさんで、その途中経過と‥

イワツバメの2番子④

完成間近な図です♪
現在は、完成したこの巣で間違いなく抱卵中のハズ!‥と思います(笑) 

イワツバメの2番子③

こちら、ツートンカラーがおしゃれなあのお宅と‥

イワツバメの2番子⑤

形が個性的なあのお宅にも2羽のイワツバメさんの姿が。
でも、これもどっちがどっちなんだか今ひとつ???ですね。
ま、もう少し時間が経てば区別もつく様になるでしょう



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : イワツバメ

オオヨシキリ

今日は、えぞ紫の自宅付近で撮ったオオヨシキリさんの登場です

オオヨシキリ①

結局、今年はオオヨシキリさんの巣を発見する事は出来ませんでしたが、せめて巣立ち後の雛ちゃんの姿を見たい!と思って頑張って歩いてみたのですが、残念ながらそれすらも叶わず終い
そうこうしている内に、あれほど煩かったダミな鳴き声も聞こえなくなってしまいました。

オオヨシキリ②

時々親子らしきオオヨシキリさん達を見かけるものの、親鳥が前に出て人間を引き付けている内に雛ちゃんに逃げられてしまう‥そんなパターンにやられてばかり。

オオヨシキリ③

子を守ろうとする親の、この真剣な顔付き‥胸が熱くなりますね
今年はえぞ紫に黒★星が付きましたが、来年こそは負けませんよ~(笑)
と言う事で、来年につ・づ・く

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : オオヨシキリ

ウミウとキアシシギ。。。

先日、海岸線を車で走っていた所、消波ブロックの上で日光浴をしているウミウさんに遭遇しました。

ウミウ

思えば、地元の海ではごく普通に見られるウミウさん故にあまり真剣にカメラを向けた事が無かったえぞ紫、被写体が少なくなる冬に向けて在庫写真として撮っておこうかな~♪と、急きょ車を路肩に止めてパシャリです

ウミウとキアシシギ

数こそ多くはないですが、近似種のヒメウさんがウミウさんと一緒にいる事もあるので、一石二鳥を目論みファインダーを覗きながらヒメウさんの姿を探していたら、何と!
そこに1羽だけキアシシギさんがいるではないですか!

キアシシギ

残念ながら距離が離れ過ぎていて、またもや鮮明な写真は撮れなかったのですが思いがけないラッキーな出会いに感謝感激雨アラレちゃんなえぞ紫、次なる出会いとチャンスに期待を込めて再び車を走らせたのでした。
いや~、この日は幸運続きの1日でした~




テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ウミウ キアシシギ

キアゲハ。。。

春先の低温の心配をよそに、猛暑になった今夏のフィールドではチョウ達の姿を頻繁に見る事が出来ます。
その中でも、特に多く見られるのがキアゲハ(アゲハチョウ科)です。

キアゲハ①

田園地帯をつがいで仲良くハラハラハラ~♪

キアゲハ②

そして、ムラサキツメクサ(マメ科の多年草)や‥

キアゲハ③

エゾミソハギ(ミソハギ科の多年草)や‥

キアゲハ④

ヒルガオ(ヒルガオ科の多年草)の蜜をチューチュー♪しているのです。

キアゲハの幼虫①

こちらは、キアゲハの幼虫。
丸々と太っています。

キアゲハの幼虫②

キアゲハの幼虫は、セリ科の植物の他にニンジン、パセリ等も好んで食べるのだそう。
キアゲハの成虫は、春、夏、晩夏‥と3回発生します。
この写真の幼虫も順調に行っていれば今頃は綺麗な成虫へと脱皮し、優雅に大空を舞っている事でしょう


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : キアゲハ

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴12年目に突入!ですがー、専門家ではないので、基本、何事もアバウトなままです^^
あらゆる自然と対話しつつも、行き当たりばったりに撮った写真で自己満足の世界を創造し楽しんでいます^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物です。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままの上で相談に応じます^^)
 ♡  ♡  ♡
このサイトは第一次アセンションを体験した夢見る乙女な管理人の愛とプラス思考で運営しておりますので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード