09
   

『 マツ 』

『 根を下ろす 場所は自ら選べずも ここが至高と いのち輝く 』    by:えぞ紫

まつ①

私は大海を見た事がない。
大陸も見た事がない。
この空が何所へ続いていて、その先に何があるのか私は知らない。
根を下ろしているこの場所だけが、唯一私の世界。

マツ②

ここで生きる事が私の使命なのだと、風が教えてくれた。
私を必要としている存在がある。
日がな一日、小鳥達の世間話を聞くのは悪くはない。
行き交う人間達を見るのも面白い。
こんな世の中もまんざらではないと思う様にもなってきた。

マツ③

何千年も繰り返し「木」として生きてた私。
もう、そろそろ‥。
次は、次こそは自らの足と意思で、我が道を歩く事が許されるのか‥。
私は、ただ静かにその時を待つ。


テーマ : 樹木の写真
ジャンル : 写真

ミヤマフキバッタ。。。

秋が深まるにつれ、足元には精一杯夏を生きたミヤマフキバッタ(バッタ科)さんの亡骸が沢山見られる様になります。

ミヤマフキバッタ②

右にいる青々したミヤマフキバッタさんも、もう活発に動く事は無く、命の灯も弱々しくなっていました。

ミヤマフキバッタ①

バッタ達の亡骸を見ると、生への執念とでも言うのでしょうか‥必死に草木にしがみ付き、まるでこの世に、生きる事にがむしゃらにしがみ付いている様に見えます。

ミヤマフキバッタ④

まるで、まだ生きているかの様‥。

ミヤマフキバッタ③

そんな亡骸を、命の糧にする生き物もいます。

『 生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く 
       死に死に死に死んで死の終りに冥し 』   by:弘法大師空海(秘蔵宝鑰)
地球上の万物は生れた瞬間から死に向って生き、死を迎えるからこそ、また新たに誕生する事が出来るのだと思います。
生=死。
そんなこんなを考えると、老いていく者に愛おしさをも感じるえぞ紫なのでした。。。


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ミヤマフキバッタ バッタ科 弘法大師空海 秘蔵宝鑰

シロザケ。。。

何時もの渓流に、今年もシロザケ(サケ科)さんが帰って来ました

シロザケ①

今年は残暑が無く水温が低いのでしょうか、例年より遡上時期が早い様に思います。

シロザケ②

そして、連日の大雨で川の水量が多く、例年より遡上も楽ちんだったのでしょう^^
早速ほど良い場所で、産床を作る仕草も見せてくれました♡
時は、食欲の秋。
自然の恵みをお腹一杯堪能できるのは、人間だけではありません。
ワクワクしますね~

テーマ : 魚介類の写真
ジャンル : 写真

tag : シロザケ サケ科

『 羊蹄山 』

『 紫の 遠くて近い守り神 季節巡りて 秋の装い 』     by:えぞ紫

羊蹄山

羊蹄山(ようていざん)・・・蝦夷富士と呼ばれ、後方羊蹄山(しりべしやま)として日本百名山に名を連らねている。
標高は1898m、活火山である。
登山道は比羅夫(倶知安)、真狩京極喜茂別の4コースで、それぞれ趣きの違った歩きを楽しむ事が出来る。



テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag : 羊蹄山 後志羊蹄山 日本百名山 活火山

『 ヒガンバナ 』

『 曼珠沙華 肘傘雨(ひじかさあめ)も また楽し 旅の想い出 黄金海原 』  by:えぞ紫

ヒガンバナ①

ヒガンバナ③

ヒガンバナ②

ヒガンバナ(彼岸花)‥ヒガンバナ科の多年草で全草有毒。
別名:曼珠沙華、リコリス等。
原産国:中国、日本。
花言葉:情熱、独立、再開等。
撮影地:山口県・秋吉台。

ヒガンバナ④

因みに、昨年植えた我が家のお庭のヒガンバナは、今年は開花しませんでした><
来年に乞うご期待♪



テーマ : 山野草大好き♪
ジャンル : 写真

tag : 彼岸花 ヒガンバナ ヒガンバナ科 曼珠沙華

ヒメキンミズヒキ。。。

ヒメキンミズヒキ‥バラ科の多年草です。

ヒメキンミズヒキ①

キンミズヒキの近似種で、ブログ初登場になります

ヒメキンミズヒキ④

一般のキンミズヒキは高さが1m以上にもなるそうですが、ヒメキンミズヒキは全体に小型で、撮影した株は高さ20cm前後でした@@ゞ

ヒメキンミズヒキ②

花弁も細く、とても小さく可憐です

ヒメキンミズヒキ③

花後の果実は鉤状刺が密生していて、これで動物の体に付着し運ばせます。
スゴイ知恵ですよね~。
花期は8月~9月、林縁等で見られます。




テーマ : 山野草大好き♪
ジャンル : 写真

tag : ヒメキンミズヒキ バラ科

トンボ、色々 その四。。。

今日は、赤トンボ色々です

ナツアカネ①

ナツアカネ②

ナツアカネ③

山で良く見る赤トンボと言えば、ナツアカネ(トンボ科)ですが‥

タイリクアカネ①

タイリクアカネ②

タイリクアカネ③

海で良く見る赤トンボと言ったら、タイリクアカネ(トンボ科)ですね@@ゞ

ヒメアカネ

ヒメアカネ(トンボ科)は生息数少な過ぎ~~><
毎年安定して観察出来ますが、もっと増えてくれると安心ですね。
でもって、次は雌の写真を‥


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ナツアカネ タイリクアカネ ヒメアカネ トンボ科

日々の事、沖縄旅行回顧録。。

先日の広島~山口旅行の記事を書いていて、2012年に行った沖縄旅行で撮った写真の存在を思い出し、お蔵入りにするのも何だか勿体ないので回顧録としてブログにアップしてみました

2012年沖縄旅行①

沖縄と言えば首里城ですね

2012年沖縄旅行②

‥なのですが、当時はブログ用の写真を撮っていなかったので、模型の写真で失礼をば‥m(_ _)m

2012年沖縄旅行③

雨が降っても、そこに楽しみを見つけ喜べるえぞ紫(笑)

2012年沖縄旅行⑤

美ら海水族館では、憧れのジンベエザメや‥

2012年沖縄旅行⑯

マンタを見たり‥

2012年沖縄旅行④

ナマコを実際に触って来ましたよ。

2012年沖縄旅行⑦

遠くに見えるのは、何て島だったっけ?_?;

2012年沖縄旅行⑧

霊験あらたかな斎場御嶽。

2012年沖縄旅行⑨

ビビビ♪と感じるモノが、確かにございましたですよ

2012年沖縄旅行⑩

そして「玉泉洞」と言う鍾乳洞。
沖縄にも、岩窟王がいましたね!(笑)

2012年沖縄旅行⑪

2012年沖縄旅行⑫

2012年沖縄旅行⑬

2012年沖縄旅行⑭

鍾乳洞の規模は山口の秋芳洞の方が大きく迫力がありますが、鍾乳石や石筍の芸術性は沖縄の玉泉洞の方が高い様な気がしますね^^v
いや、、、どちらもそれぞれの良さがあって、どちらも素晴らしい~~

2012年沖縄旅行⑮

沖縄旅行最後の観光場所は「ひめゆりの塔」見学でした。

『 想い出の かけらの中に 見る夢は 平和の楽園 ひめゆりの華 』    by:えぞ紫

どうか、この平和が未来永劫続きます様に。。。


暫し留守にしますので、コメント等返信が遅くなります事ご了承下さいませませ

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

tag : 沖縄 首里城 美ら海水族館 ジンベエザメ マンタ 斎場御嶽 ひめゆりの塔 玉泉洞

日々の事、山口旅行篇。。。

旅行最終日は、山口県・萩市で萩焼の窯元見学から始まりました~

萩焼①

カッコ良いお兄さんが蹴りロクロで作品を造り上げていく姿にウットリなえぞ紫

萩焼②

こちら、登り窯の内部。
釜焚きは、もちろん薪を使います。

萩焼③

素晴らしい萩焼作品を沢山見て、『えぞ焼』のイメージをてんこ盛りに膨らませる事が出来ました
帰ったら頑張るぞーー
‥と意欲を燃やしつつ、次の観光地・山口県の秋吉台に移動です

秋芳洞①

秋吉台は日本最大級のカルスト台地で、国定公園及び、国の特別天然記念物に指定されています。
そんな中に、平家の落人が隠れ住んでいたと言う「長者ヶ森」が@@;

秋芳洞④

秋吉台では、これまた日本最大の鍾乳洞・秋芳洞を見学です♪

秋芳洞②

鍾乳洞見学は沖縄の玉泉洞に続いて2回目ですが、その神秘的な美しさに猛烈にドキドキしますね
因みに、上からつらら状に出来るのが鍾乳石、地面からにょきにょき生える様に出来るのを石筍(せきじゅん)と言うそうです。

秋芳洞⑤

秋芳洞⑥

秋芳洞⑦

「岩窟王」と命名されている石筍です。

秋芳洞⑧

秋芳洞⑨

秋芳洞⑩

「傘づくし」と言う所。

秋芳洞⑪

秋芳洞⑫

秋芳洞⑬

秋芳洞⑭

ここは「百枚皿」。

秋芳洞⑮

秋芳洞⑯

出口が見えて来ました。
お日様が眩い~~。

秋芳洞⑰

何だか、、、ミクロな生物になって、地球の内部を大冒険してきた気分でしたよ^^

秋芳洞⑱

今回のツアーは2泊3日でスケジュール的に忙しかったのですが、添乗員さんの段取りが素晴らしく、また経験を積んだガイドさんや運転手さんの技術も素晴らしく、大大大満足の旅行になりました。

関門海峡

帰路は、関門海峡を渡って福岡入りし、福岡空港から羽田空港経由で北海道へ
様々な場面で沢山の出会いに感謝です


テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

tag : 山口県 萩焼 蹴りロクロ 秋芳洞 関門海峡

日々の事、島根~山口旅行篇。。。

広島を後にした一行が次に向かったのは、山陰の小京都と言われる島根県・津和野です

津和野①

歴史と城下町の風情が色濃く残る石畳の殿町通りを、しっとり気分で散策しました。

津和野②

ここは「津和野藩校養老館」と言い、かの森鴎外等、全国に名を馳せた幾多俊才を輩出した藩校です。

津和野③

津和野には、2羽の鷺が厳粛に舞う「鷺舞」が古典芸能として伝承されているそう。

太鼓谷・稲成神社①

こちらは、日本五大稲荷神社の一つに数えられている「太鼓谷・稲成神社」もあります。
神社へは街中からも行く事は出来ますが‥

太鼓谷・稲成神社②

かなりの高台にある為、一行はバスで移動です

太鼓谷・稲成神社③

太鼓谷・稲成神社は衣食住の大祖神様で、五穀豊穣・商売繁盛等の御利益があり、願望成就の神様として信仰されて来たのだそう。
「稲成」と表記されるのも、ここだけだそうです。

太鼓谷・稲成神社⑥

連なる朱色の鳥居。

太鼓谷・稲成神社④

朱色は厄除けの色なんだそうですね。

太鼓谷・稲成神社⑤

こう言う階段を見ると、山伏(山猿?)の血が騒ぎますね(笑)
山を下り‥

萩・松陰神社散策①

一行が次に向かったのは、山口県・萩市‥世界文化遺産に登録されている「松下村塾」。
そう、某NHKの大河ドラマの舞台になっている場所です。

萩・松陰神社散策②

『 親思う こころにまさる 親ごころ きょうの音づれ 何ときくらん 』 by:寅二郎(吉田松陰)
逆卍が刻まれた石碑には、親より先に旅立つ不幸を詫びている気持ちが込められているのだそうです。

萩・松陰神社散策③

松下村塾の建物も、当時のまま残されています。

萩・松陰神社散策④

萩・松陰神社散策⑤

そして、松陰神社。
伊藤博文をはじめ、松下村塾の生徒を祭神とする学問の神として崇敬を受けています。

「花燃ゆ」大河ドラマ館

「花燃ゆ」大河ドラマ館も見学しましたが、イマイチ興味が薄かったかな~(笑)

萩の街並み

因みに、山口県・萩市ってこ~~んな所です♪


つ・づ・く♪

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

tag : 津和野 鷺舞 太鼓谷 稲成神社 松陰神社 松下村塾

日々の事、広島旅行篇 その弐。。。

広島旅行2日目は、安芸の宮島観光をして来ました~

安芸の宮島・厳島神社①

宮島口よりフェリーに乗り、憧れの世界遺産・厳島神社のある宮島を目指す一行。

安芸の宮島・厳島神社②

穏やかな瀬戸内海には、特産である牡蠣の養殖いかだが沢山見られました@@

安芸の宮島・厳島神社③

わくわく♡ドキドキで到着した一行を出迎えてくれたのは、鹿さんでした~♪
人慣れしているけど、とってもお利口さんな子ばかりでしたよ*^^*

安芸の宮島・厳島神社⑤

超有名で重要文化財にもなっている、海に建つ大鳥居。
干潮時には歩いて大鳥居の下まで行けるのだそうですが、残念ながらこの時は潮が満ちていて叶わず‥。

安芸の宮島・厳島神社④

いつか必ず再訪を‥と心に誓い、陸の鳥居をくぐり‥

安芸の宮島・厳島神社⑥

白馬にウェルカムされながら‥

安芸の宮島・厳島神社⑦

いざ社殿内突入です=З

安芸の宮島・厳島神社⑧

五重塔を臨みながら‥

安芸の宮島・厳島神社⑨

社殿内をしずしずと厳かに進む一行。

安芸の宮島・厳島神社⑩

ここは、能舞台です。

安芸の宮島・厳島神社⑪

勅使橋(ちょくしばし)とも呼ばれている反橋(そりばし)。

安芸の宮島・厳島神社⑮

1174年に後白河天皇が参詣した時に手植えされた松。
切られたとは言え、まだその姿を残しているって、、凄いですよね。

安芸の宮島・厳島神社⑫

高野山真言宗の大願寺さんには、神仏分離令によって厳島神社から遷された弁才天像等、多くの仏像が安置されているそうです。

安芸の宮島・厳島神社⑬

五重塔を別角度から見て@@
安芸の宮島には他にも見所が沢山あるのですが、ツアー旅行の悲しい性で、ゆっくり散策する時間が取れなかったのが残念で仕方ありません><

安芸の宮島・厳島神社⑭

『 宮島の たぎる血潮の子守唄 今帰りたる 母の懐に 』   by:えぞ紫

安芸の宮島を訪れた日は、静かに小雨が降っていました。
まるで、平清盛さんの身体を優しく包み込み、癒し諭すかの様に。。。


つ・づ・く♪

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

tag : 安芸の宮島 カキいかだ 厳島神社 平家 平清盛 弘法大師 空海 大願寺 高野山真言宗

日々の事、広島旅行篇 その壱。。。

最近の日々の事
縁あって、広島県~山口県方面へ旅行に行って来ました

函館空港のワシ(オブジェ)

初めて訪れる山陽・山陰地方。
ワクワク♡ドキドキ、函館空港に鎮座するワシさんに見送られ‥

機内から見た富士山♡

静岡県上空では富士山に見守られ、無事広島空港に着陸♪

広島平和記念公園⑪

そんな一行が、まず始めに訪れたのは「広島平和記念公園」でした。

広島平和記念公園①

これは「平和の時計塔」です。
戦後70年、、、安保法案が成立し揺れに揺れている日本の平和‥。
これからの時代、一体どんな時を刻んで行くのでしょうか‥。

広島平和記念公園②

身内や知り合いを戦争で亡くしているえぞ家、世界平和を願いながら「平和の鐘」を鳴らして来ました。

広島平和記念公園④

この「平和の鐘」は、梵鐘の中では鐘の音が響かないそうで、えぞ紫も実際に鐘の中に頭を入れた状態で撞木を撞いてもらい、その真偽を確かめて来ましたよ♪

広島平和記念公園③

「平和の鐘」を囲む池には、ハスの花がまだ咲いていました♡

広島平和記念公園⑤

そして、誰もが知っている「原爆ドーム」。
広島県産業奨励館として使用されていた、原爆投下前の姿と見比べる事が出来ます。

広島平和記念公園⑥

これは「原爆の子の像」で、原爆で亡くなった多くの子供を慰めると同時に、『 これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための 』‥と世界に平和を呼び掛けているのだそうです。

広島平和記念公園⑦

周りには、沢山の折り鶴が奉られています。

広島平和記念公園⑧

そして、こちらは「平和の池」にある「平和の灯」。
手首を合わせ、手のひらを大空にひろげた形を表現している台座に、1964(昭和39)年8月1日に灯が点されて以来ずっと燃え続けているそうです。

広島平和記念公園⑨

この「平和の灯」は、宮島の弥山 (広島県)で弘法大師・空海様が修行した時より1200年間燃え続けている消えずの霊火より採火されたとの事、、、まさか、ここでも繋がるとは‥

広島平和記念公園⑩

毎年8月6日、広島原爆の日にTVで必ず目にしていた「原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)」‥手を合わせずにはいられません。

広島平和記念資料館①

場所を「広島平和記念資料館」に移し、これは原始爆弾が広島市上空で炸裂する瞬間の模型です。
赤い球が原爆で、地上600mの所で強烈な閃光を放ちながら炸裂したのだそうです。

広島平和記念資料館④

原始爆弾の模型と‥

広島平和記念資料館②

その構造図。
どんなに素晴らしい文明・発明も、間違った使い方をすると取り返しがつかない大変な惨事を引き起こします。
人間は同じ過ちを繰り返す生き物です。
だからこそ、世界の平和を強い意志を持って祈るのです。

広島平和記念資料館③

そんなこんなを考えながら、広島の夜は更けて行くのでした。。。


つ・づ・く♪

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

tag : 函館空港 富士山 広島平和記念公園 原爆ドーム 広島平和記念資料館 弘法大師 空海 広島お好み村

セセリチョウの仲間、partⅢ。。。

今日は、セセリチョウ科の仲間達をお送りします

コキマダラセセリ①

コキマダラセセリ②

1・2枚目は、コキマダラセセリさん。

オオチャバネセセリ①

オオチャバネセセリ②

3・4枚目は、オオチャバネセセリさん。

コチャバネセセリ

最後は、コチャバネセセリさんでした~


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : コキマダラセセリ オオチャバネセセリ コチャバネセセリ セセリチョウ科

アオサギ。。。

今日は、アオサギ(サギ科)さんの写真です

アオサギ⑤

アオサギ①

アオサギ②

アオサギ③

アオサギ④

世間の荒波に負けず、頑張って生きて行くんだよ~~

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : アオサギ サギ科

アカスジカメムシ。。。

今日は、アカスジカメムシ(カメムシ科)さんです

アカスジカメムシ③

こちら、アカスジさんの1齢幼虫。

アカスジカメムシ②

でーんと大きくなって、5齢のアカスジさん。

アカスジカメムシ①

そして、成虫となったアカスジカメムシさん。

アカスジカメムシ④

その背中に、寄生虫の卵?らしき白い物体をおぶっている個体も見られました@@ゞ
流石のカメムシも、無敵ではないのですね‥。


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : アカスジカメムシ カメムシ科

ニホンカナヘビ。。。

9月に入ってから低温・荒天が続く北海道ですが、そんな中、今夏誕生したニホンカナヘビ(カナヘビ科)の赤ちゃんが懸命に生きておりました。

ニホンカナヘビ②

雨露に濡れた赤ちゃん‥とっても寒そう、、、

ニホンカナヘビ③

ニホンカナヘビ④

天候が悪いので、餌となる他の昆虫の姿も見られず‥。

ニホンカナヘビ⑤

ニホンカナヘビ①

えぞ紫が立っているこの場所には、自分以外の多くの生命が自分以上に頑張って生きている‥。
そう思うと、未来へ飛び立つ勇気が益々湧いてくるのです



暫く留守をしますので、コメントの返信等遅くなります事ご了承下さいませませ

テーマ : 爬虫類・両生類
ジャンル : 写真

tag : ニホンカナヘビ カナヘビ科

カメ、色々。。。

今日は、超久々にカメさんの登場です

クサガメ&ミシシッピーアカミミガメ

1枚目・左にいるのはクサガメ(イシガメ科)さん、右がミシシッピーアカミミガメ(ヌマガメ科)さん。
このクサガメさんは、黒化したオスですね@@ゞ

クサガメ

2枚目もクサガメさん。

ミシシッピーアカミミガメ①

ミシシッピーアカミミガメ②

3・4枚目は、ミシシッピーアカミミガメさん。
ミミが赤くないのは年をとった個体でしょうか、それとも別亜種でしょうかね?
因みに、北海道には元々カメは生息しておらず、この手のカメは全て移入種なんだそうです

テーマ : 爬虫類・両生類
ジャンル : 写真

tag : ミシシッピーアカミミガメ ヌマガメ科 クサガメ イシガメ科

日々の事。。。

最近の日々の事
専属カメラマンとして、「正派若柳流 寿会」の撮影に行って来ました~

寿会①

撮影と言う理由がなければ、日本舞踊なんて見る機会もないえぞ紫

寿会②

この日の為に一生懸命練習を重ねてきた門下生の皆様の踊りは勿論の事、正派若柳流の家元様やお師匠様達の優雅な舞を間近に見て、とても勉強になりました

小林豊子きもの学院・着物ショー③

今月は着物にご縁があって、「小林豊子きもの学院」の着物ショーを見て来ました

小林豊子きもの学院・着物ショー①

心トキメク十二単の着装や‥

小林豊子きもの学院・着物ショー②

花柳流の王宮の舞も見られて、とっても感動致しましたですよ
着物姿を見て落ち着くのは、やっぱ日本人だからでしょうか*^^*

アメリカのカレンダー♪①

こちらの蝶のカレンダーは、ブログ友達のHALさんに頂いた、Made in アメリカのカレンダーです

アメリカのカレンダー♪②

HALさんのご説明によると(えぞ紫は英文が読めません)、「アメリカの退役軍人支援の為にボランティアさんが購入=寄付目的で作成したカレンダー」だそうで、HALさんのお義母様(アメリカ在住)からHALさん(UAE在住)へ、HALさんから日本在住のえぞ紫の元へ‥とやって来たと言う訳です。
どうか世界が平和で繋がります様に。。。

アメリカのカレンダー♪④

中身は私の大好きな蝶の写真ばかりです♡

アメリカのカレンダー♪③

綺麗な写真もそうですし、このカレンダー製作の意図等も皆にも見て知って頂きたいと思い、ブログで紹介させて頂く事にしました

UAEの切手♪

因みに、これがUAEの郵便切手です♪
HALさん、本当にありがとうございました
お義母様にも、どうぞ宜しくお伝え下さいませ。

ティーショップ夕日①

今月の「ティーショップ夕日」さんは、冷しぜんざいと‥

ティーショップ夕日②

温かいミルク抹茶と‥

ティーショップ夕日③

葛プリンを頂きましたよ♪
どれも美味しかった~~

愛車パンク②

とある日、行き付けの山の中で、愛車のタイヤがパンクしてしまいました
スペアタイヤが無いのでどうする事も出来ず‥

愛車パンク①

久々にJAFさんに出動要請をし、無料で応急修理して頂きました(笑)
会員になっていて良かった~
‥と言う事で、これから山に行く時は、念の為スタッドレスタイヤを1本積んで走ります

2015年9月のお墓参り♪

そんなこんなを報告しに、今月もお墓参りに

2015年9月のお墓参り②♪

「 人生は 山あり谷ありまさか!あり 油断大敵 転ばぬ先の杖 」  by:えぞ紫

2015年9月6日の写経♪

助けて頂けるのも、守られているのも、出会いに恵まれるのも、毎日幸せに暮らせるのも、全てはご先祖様が身を削り積んでくれた徳のお陰様。
その繋がりを感じる事が出来ると、得も知れず心の奥底から至福感が溢れ出て来ます。
全ての源は自分‥許し許され、めぐり巡って与えたモノが跳ね返ってくるのですよね


テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 輪踊り 寿会 若柳流 小林豊子きもの学院 十二単 花柳流 ティーショップ夕日 JAFロードサービス 般若心経 写経

トンボ色々、その参。。。

今日は、赤とんぼの仲間です

ミヤマアカネ①

ミヤマアカネ②

1・2枚目は、ミヤマアカネ(トンボ科)さん。
毎年、安定して発生していますね@@ゞ

ショウジョウトンボ①

ショウジョウトンボ②

ショウジョウトンボ③

ショウジョウトンボ④

3~6枚目は、ショウジョウトンボ(トンボ科)さんのオス。
メスを撮るのが難しいです~><

マユタテアカネ

最後は、マユタテアカネ(トンボ科)さん。
‥かな~~?


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ミヤマアカネ ショウジョウトンボ マユタテアカネ トンボ科

トンボ色々、その弐。。。

今日は、スレンダーなトンボさんを紹介です

ミヤマカワトンボ①

ミヤマカワトンボ②

1・2枚目は、ミヤマカワトンボ(カワトンボ科)さん。
カワトンボの中では最大のカッコ良いトンボです♡

ニホンカワトンボ①

ニホンカワトンボ②

3・4枚目は、ニホンカワトンボさん。

アオイトトンボ①

5~7枚目は、アオイトトンボ(アオイトトンボ科)さんです

アオイトトンボ③

今年は昨年と比べて、発生数が少なめなアオイトトンボさん。
昨年の産卵数が少なかったのか、それとも、夏の天候不順で成長・羽化が出来なかったのか‥。

アオイトトンボ②

卵、いっぱい産んでね。。。

オツネントンボ

最後は、オツネントンボ(イトトンボ科)さん。
成虫で「越年」するトンボなので、晩秋まで姿を見る事が出来ます

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ニホンカワトンボ ミヤマカワトンボ カワトンボ科 アオイトトンボ アオイトトンボ科 オツネントンボ イトトンボ科

陶芸大好き♪

今週の陶芸は、蓋付き小丼のフタの製作に取り掛かりました

フタ付き小丼のフタ♪

次回、持ち手取り付け等の仕上げを行いたいと思います



テーマ : 陶芸大好き♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 陶芸 蓋付き小丼

ヒガシニホントカゲ。。。

今日は、ヒガシニホントカゲ(トカゲ科)さんの写真です

ヒガシニホントカゲ①

手足を投げ出し、リラックスしながら日光浴をしていた若造トカゲ君♪

ヒガシニホントカゲ②

成体よりも若い個体の方が、より活発に動き回るのですよね@@ゞ

ヒガシニホントカゲ④

ヒガシニホントカゲ③

今夏誕生したおチビちゃんも見られましたよ♡
いや~、森の中はワクワクいっぱいで楽しいな~~


テーマ : 爬虫類・両生類
ジャンル : 写真

tag : ヒガシニホントカゲ トカゲ科

キセキレイ。。。

今日は、在庫のキセキレイ(セキレイ科)さんです

キセキレイ①

今年はタイミングが合わず、残念ながら巣立ち雛ちゃんが撮れませんでした~><

キセキレイ②

キセキレイ③

キセキレイ④

来年こそは‥


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : キセキレイ セキレイ科

Delicious!家庭菜園♪

美味しい家庭菜園の進捗状況です

ダイコン♪

8月10日に種蒔きした夏ダイコンは、こんな感じで育っています
今年は残暑が無い為に、生育が芳しくないです><

長ネギ♪

長ネギは放ったらかし時々追肥で、何とか(無理矢理^^;)収穫出来ました
気になるお味の方ですが、意外や意外、柔らかくて甘くて美味しかったです♡
まだまだ使えそう~^^

四季成りイチゴ♪

四季成りイチゴはさすが四季成り、未だに実が成ります
(甘さはイマイチだけど‥)

オクラ♪①

オクラは、ココに来て頑張ってくれています

オクラ♪②

今まで赤オクラと思っていたのですが、収穫してみたら普通のオクラでしたがね‥^^;

ナンバン&赤ジソ♪

赤ジソジャングルに埋もれたナンバンですが、まだまだ収穫出来そうです♪
赤ジソは、またジュースにして保存する予定~。

ミニトマト♪

ミニトマトは、葉っぱはゾンビ状態ですが、実はまだまだ収穫出来ますよ~
ミニトマトは、我が家のお庭で収穫数ナンバー1でした~


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダイコン 長ネギ オクラ ミニトマト ナンバン 赤ジソ 四季成りイチゴ

ニホンアマガエル。。。

今日は、ニホンアマガエル(アマガエル科)さんの登場です

ニホンアマガエル①

って、ん!?
もう夏も終わりだと言うのに、大人になりきれていないアマガエルさんがおりました。

ニホンアマガエル②

手足が生えていればまだ安心なのですが‥

ニホンアマガエル③

この子は、めっちゃオタマジャクシのままです^^;
のんびり屋さんにも程がある~(笑)



テーマ : 爬虫類・両生類
ジャンル : 写真

tag : ニホンアマガエル アマガエル科

スズメ。。。

今日は、スズメ(ハタオリドリ科)さんの写真です

スズメ①

この子は、今夏誕生した仔スズメちゃんですね♡

スズメ②

スズメ④

朝露に濡れながら、一人でご飯を食べる練習をしていましたよ♪

スズメ③

『 一歩ずつ 進めばやがては満を期す 繋がる道は夢のあとさき 』
                                                by:えぞ紫


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : スズメ ハタオリドリ科

ウンラン。。。

今日は、ウンラン(ゴマノハグサ科の多年草)をお送りします

ウンラン③

ウンラン①

ウンラン②

『 海の蘭と 見た目で人は呼ぶけれど わたしはわたし ゴマノハグサ科 』
                                             by:えぞ紫



テーマ : 山野草大好き♪
ジャンル : 写真

tag : ウンラン ゴマノハグサ科

陶芸大好き♪

今週の陶芸は、蓋付き丼のどんぶりを仕上げました

蓋付き小丼♪①

蓋を乗せる部分を造って‥

蓋付き小丼♪②

高台を付けて完成です♪
次回からは蓋の製作になりますが、自分のイメージした通りの器を自由に造らせて頂ける先生の在り方にウルトラ感謝です


テーマ : 陶芸大好き♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 陶芸 蓋付き小丼

トウネン。。。

今年も、トウネン御一行様が飛来しました~

トウネン②

旅の途中、波打ち際で採餌に勤しむ御一行様。

トウネン①

小さな小さなトウネンさん、ウミネコさんと比べると、その小ささが分かると思います。

トウネン③

既に皆さん、夏羽から冬羽に換毛が始まってますね@@ゞ

トウネン④

トウネン⑤

トウネン⑥

何を食べているのでしょうか?

トウネン⑦

トウネン⑧

トウネン⑨

旅鳥の皆さん、これから何所まで行くのかな~


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : トウネン シギ科

ノシメトンボ。。。

今日は、ノシメトンボ(トンボ科)さんの写真です

ノシメトンボ①

トンボ科の中で、最もポピュラーで何所ででも普通に沢山見られるので、普段は滅多に撮らないし、ブログに乗せる事も少ないのですが、今回は面白いノシメトンボさんが撮れたのできっちり主役での紹介となりました♡

ノシメトンボ②

ノシメトンボさんの特徴と言えば、翅の先端が黒班になっているのですが‥

ノシメトンボ③

この子には、黒斑がありませんでした♪

ノシメトンボ④

このノシメさんは、概念をぶち壊すかの様に、葉っぱの上に裏返って止まっていました@@ゞ
これは進化の第一歩?
それとも、単なる着陸失敗なだけ??(笑)



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : ノシメトンボ トンボ科

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴12年目に突入!ですがー、専門家ではないので、基本、何事もアバウトなままです^^
あらゆる自然と対話しつつも、行き当たりばったりに撮った写真で自己満足の世界を創造し楽しんでいます^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物です。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままの上で相談に応じます^^)
 ♡  ♡  ♡
2017年10月吉日に第二次アセンションを体験した夢見る管理人が、愛とプラス思考と良い加減で運営しているブログですので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード