07
   

エゾアカガエルの成長見守り in 2017。。。

今春誕生したエゾアカガエル(アカガエル科)さんちのオタマジャクシを、ポイント毎に比較観察してみました

エゾアカガエル①

前半の写真は、林道脇にできた乾燥の危機のある小さな水溜まりで、エゾサンショウウオさんと混生しているオタマちゃん達。
常に水量不足による乾燥と、天敵の捕食の危機にさらされているオタマちゃんは、天敵のいない水量が安定している水溜まりのオタマちゃんと見比べると、成長の具合がちょっと違う様です。

エゾアカガエル②

天敵に捕食されまいと頭が大きくなるのは一般的に言われている点ではありますが、それ以外に、尾が極端に短い個体が多々見られるのです。
尾は、頭が大きければ大きいほど、短くなっている様に感じます。

エゾアカガエル⑦

オタマジャクシの尾の必要性って何なのでしょう?
単に泳ぐ時に使うだけ?
大人のカエルに変態後は消失していくので、生きていく上で、実は尾はそれほど必要でない?

エゾアカガエル⑧

実際、尾が食べられて千切れている個体も、元気に生きていました。

エゾアカガエル⑨

水量が少なく小さな水溜まりでは、天敵から逃げる為に尾を使って広い範囲を泳ぎ回る事が少なく、逆に、尾が短い方が、尾を齧られて命を落とする危険性が少ないのかもしれませんね。

エゾアカガエル③

水量が少ない小さな水溜まりで天敵と混生しているオタマちゃんでも、頭の大きさ・尾の長さ共に普通な個体もいます。
この差は、何故起きるのでしょうか?
ここから下 の写真は、天敵がおらず、水量が安定している大きな水溜まりに暮らす、尾が長いオタマちゃん達です。

エゾアカガエル④

大きな水溜まりではしっかり泳ぐ必要があるので、尾が伸び伸びと成長する??

エゾアカガエル⑤

天敵がおらず、水量が安定している大きな水溜まりでは、ゆったりと単独行動するオタマちゃんと‥

エゾアカガエル⑥

わらわらと集団行動するオタマちゃん達に分かれます。
同じ種なのにこの違い‥まったくもって不思議で面白い~
自然下での観察は、これからも続けたいと思います

テーマ : 爬虫類・両生類
ジャンル : 写真

tag : エゾアカガエル アカガエル科 エゾサンショウウオ

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴12年目に突入!ですがー、専門家ではないので、基本、何事もアバウトなままです^^
あらゆる自然と対話しつつも、行き当たりばったりに撮った写真で自己満足の世界を創造し楽しんでいます^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物です。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままの上で相談に応じます^^)
 ♡  ♡  ♡
このサイトは第一次アセンションを体験した夢見る乙女な管理人の愛とプラス思考で運営しておりますので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード