FC2ブログ
   
10
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大雪山系・旭岳登山。。。

7月中旬のとある日、大雪山系・旭岳へ行って来ました
北海道の最高峰で百名山に名を連ねる旭岳登山は、今年1番の楽しみであり目標でした

旭岳登山①

この日の為に登山用具を新調したり買い足したりで準備万端、いざ登山口へレッツ・ら・ゴーです
登山口は、旭岳ロープウエイ山麓駅横にあります。
でも、えぞ紫は‥

旭岳登山②

観光気分でロープウエイに乗っちゃいました
基本的に、地に足が着かない乗り物は苦手ですが、これは中々快適でしたよ

旭岳登山③

そして、ロープウエイ姿見駅に到着。

旭岳登山④

姿見駅からは、「夫婦池」経由で「姿見の池」へと向かいます。
綺麗に整備された散策路を、高山植物を見ながらゆっくりと歩く‥念願かなって感無量でした
ただ、お天気が‥(笑)

旭岳登山⑤

途中、シマリスさんの姿を何度も見ました
さすが旭岳、びっくりする程生息数が多く、そこいら辺でちょこまかと動き回っていましたよ。

旭岳登山⑥

そして、約40分後、「姿見展望台」に到着です。
‥。
凄い霧です

旭岳登山⑦

超ビビリなえぞ紫、この濃霧で一瞬怯んでしまいましたが、お得意のお気楽思考「ま、行ける所まで‥」で、先へ進みます。
旭岳山頂へ向かう登山道は「姿見展望台」と「第5展望台」の間にあり‥

旭岳登山⑧

ここからが本当の登山開始になります
ここに入山届の記帳台があったんですが、肝心の帳面がありませんでした。
‥?
個人情報の隠匿?(笑)
ま、細かい事は気にせず、先に進みましょう。

旭岳登山⑨

霧で視界は悪かったのですが無風で気温もさほど低くなく、登山道にはロープが張られていたり、しっかり踏み跡が付いているので迷う心配は皆無でした。
勾配も思っていたより苦にならず、順調に歩みを進め7合目地点に到着です。
7合目で標高は1900m以上あり、えぞ紫にとってここから上の高さは未知の世界になる訳で、もうドキドキ・ワクワクでしたよ。

旭岳登山⑩

でも、相変わらず霧で展望が悪く、汗と霧でしっとり潤い?ながらただ黙々と歩くハメに
所々に咲いていたヒメイワタデ(タデ科の多年草)に癒されつつ‥

旭岳登山⑪

「ニセ金庫岩」とやらに到着です。
(ただの「金庫岩」の写真、撮ってなかったよーー
ここから、もうひとふん張りして‥

旭岳登山⑫

標高2291mの旭岳山頂に、到着で~す
記帳台から山頂までの所要時間は、約1時間20分でした。





旭岳山頂からは、お天気が良ければ大パノラマが見られるはずなのですが、やはり霧で何も見えません。

旭岳登山⑭

しかも、山頂付近は風が強くて寒かったー
これじゃあ、ランチも出来ません(泣)

旭岳登山⑬

当初の予定では、旭岳登頂後は間宮岳を目指し、中岳温泉経由で下山するつもりだったのですが、それもこの霧でやむなく変更。
5分程休憩をとった後、来た道をそのまま下山する事にしました。

旭岳登山⑮

活火山の旭岳、轟々と音をたてながら噴煙を上げていました。
いやー、大迫力でカッコいいーー
旭岳の生命の鼓動を全身で感じ、ホレボレとしながら歩く事1時間20分、「姿身の池」に着いてしまいました。
‥。
物足りない‥
なので、霧の状態を見ながら「裾合平」を目指してみる事に。

旭岳登山⑯

途中、休憩場所があったので、ここでランチです

旭岳登山⑰

と、この地に来て、まだ1度もその姿を目にしていない旭岳の姿が一瞬見えそうに
なったけど、でも、やっぱ見えませんでした(笑)

旭岳登山⑱

お昼少し前辺りから風が強くなり、雲の流れが速くなって時折青空が顔を出すのですが、やはり霧が濃い状態が続きました。
安全第一の約束です。
んんーー!と考えた末、物足りなさを感じつつも、ここで登山を終える事にしました。
この後、ロープウエイに乗り込み‥

旭岳登山⑲

山麓駅でホッと一息ソフトクリームを食べて、憧れの大雪山系・旭岳の登山の旅は終焉を迎えたのでした。
めでたし、めでたし
大雪山系には、この他に沢山の登山コースがあります。
この先時間をかけて、ゆっくりと他のコースも歩きに来たいですね

旭岳登山⑳

この日、えぞ紫は、横浜から来られたと言う男性の方とお話する機会に恵まれました。
その方はお歳は80歳!で、そうとは見えない健脚で単独登山されていました。
人生の節目の年には大きな山を歩く事にしているとの事で、80歳の今年、これが最後の登山になるかもしれない‥と、一人静かな闘志を燃やしながら歩いていらっしゃいました。
生憎のお天気で旭岳の全貌を見る事が出来なかったのは残念ですが、心の目で見たこの名峰の姿を、達成感と言う名の勲章と共に、御自身の心の中にしっかり刻み込まれた事と思います。
色んな熱い思いを胸に秘めた方々と、同じ日に同じ場所で同じ時を刻む事が出来たと言う偶然に胸が熱くなり、感謝の気持ちでいっぱいになったえぞ紫なのでした



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 大雪山 旭岳 登山

Comment

Secre

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴14年目に突入しました!専門家ではないので、自然観察で会得した事は、根拠なく独自解釈にて綴っております^^
あらゆる自然と対話し、自然と情報交換しながら写真を撮らせて頂いています^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物であり、管理人には肖像権があります。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままで相談に応じます。)
※撮影地等の詳細については如何なる場合も一切お教えしませんので、悪しからずご了承下さい。
 ♡  ♡  ♡
2018年8月吉日に第三次アセンションを体験した夢見る管理人が、愛とプラス思考と良い加減で運営しているブログですので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード