10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

マツヨイセンノウ。。。

今日は、久々の登場・マツヨイセンノウ(ナデシコ科の1年~多年草)です

マツヨイセンノウ⑥

マツヨイセンノウはヨーロッパ原産の帰化植物で、雌雄異株になっています。

マツヨイセンノウ①

こちら、雄花。

マツヨイセンノウ⑦

雄花のがく筒は細身になっています。

マツヨイセンノウ③

こちら、雌花。

マツヨイセンノウ④

雌花のがく筒は、ぷっくら太めになっています。

マツヨイセンノウ②

こちら、種子。
茶色くなり、先端が弾けたがく筒の中には沢山の黒い種が@@
これじゃあ、どんどん数が増える訳だ~(笑)


テーマ : 山野草大好き♪
ジャンル : 写真

tag : マツヨイセンノウ ナデシコ科

Comment

NoTitle

恐るべし、帰化植物。

当地では、蝦夷タンポポを押しのけて西洋タンポポが。
そして今、西洋タンポポから紅輪タンポポへ世代交代。
在来種を駆逐して外来種が・・・。

響さんへ

半月湖もニセコの山も、コウリンタンポポめっちゃ多いですよね!
エゾタンポポなんて、写真を始めてから1度も見た事がありませんよ^^;
最近、帰化植物とか帰化動物とか思いっきり悪者扱いされていますが、元は人間の都合で持ち込んだもの。

宇宙的な発想から個人的意見を言うと、繁殖の場を広げたい動植物の意思が利益を得たい人間を利用した(利害が一致して)結果なのかな‥と(笑)
これも自然の摂理なんだと思います。

NoTitle

雄雌が違う花って面白いですね。

可愛い花に見えますが、これも増えて困る花ですか?

えがおさんへ

一般的には1つのお花に雄しべと雌しべがあるってイメージですが、中には雄株と雌株が分かれている種類もあるんです。
不思議ですよね~☆

元々は観賞用として移入されたくらいなので見た目可憐で可愛いのですが、繁殖力が強過ぎると、いずれオオハンゴンソウの様に邪魔者扱いされ駆除される運命なのだと思います。
Secre

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
 ♡  ♡  ♡
カメラ歴12年目に突入!ですがー、専門家ではないので、基本、何事もアバウトなままです^^
あらゆる自然と対話しつつも、行き当たりばったりに撮った写真で自己満足の世界を創造し楽しんでいます^^
 ♡  ♡  ♡
ブログは管理人の著作物です。
写真・文章・コメント等の転用は、管理人に正式に許可を得た場合のみ可能とします。
(写真の商用使用については、著作権を保有したままの上で相談に応じます^^)
 ♡  ♡  ♡
2017年10月吉日に第二次アセンションを体験した夢見る管理人が、愛とプラス思考と良い加減で運営しているブログですので、天国言葉や次元を越えた発言が飛び交う事がございます。その旨ご了承下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも一覧


何かとは何なのだろう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フォトライブラリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード